• ニュース

ユンディ・リからメッセージ



親愛なる日本の聴衆のみなさまへ

いつも公演に足をお運びいただき、ありがとうございます。
このたびは、突然日本を訪れることができなくなり、大変申し訳ありません。私自身、残念でなりません。

今回の日本ツアーには、これまでにも増して強い思い入れがあり、ここ数年にわたって入念な準備を進めてきておりました。ドイツで勉強していた10代の頃以来の長年の夢であったベートーヴェンのソナタに新たに取り組み、そのCDも日本では世界に先駆けて9月19日に無事リリースし、その成果を、いち早く日本のお客様の前で披露できることを、大変楽しみにしておりました。16公演もの会場で、皆さまにお会いできること、本当に楽しみにしておりました。また、今回の日本ツアー中に30歳の誕生日を迎える予定でもあったため、より一層今回のツアーを記念すべきものととらえ、新たな気持ちでツアーに臨む準備を万端、整えておりました。
このようなときに、日中関係の悪化から、今回の来日を中止せざるを得なかったことは、言葉には表せない無念の思いと、日本のお客様に申し訳なく思う気持ちで一杯です。
特に、10代の頃から多くの日本のお客様に応援いただいていた私としては、今この時期に、音楽を通して、日本の皆さまとの交流を図れないことは残念でなりません。

必ずや近い将来、日本の皆さまの前で再び演奏会をできますよう、祈っております。
お会いできる日を楽しみにしております。

ユンディ・リ