• CSR

弊社会長の中藤泰雄が「チェコ芸術の友」賞をいただきました。 [CSR活動報告]

 「チェコ芸術の友」賞-Artis Bohemiae Amics とは、チェコ国内外において長年にわたり、チェコ文化の普及に著しく尽力した個人を顕彰するために設けられています。(設立2000年)
 対象となる分野は、民族芸術、現代芸術、文学作品、音楽解釈、批評、芸術史など多岐にわたり、それらを自身の芸術活動、芸術作品、支援活動、仲介活動、宣伝活動を通して広く知らしめた個人の功績に対して贈られるもので、このたび、会長の中藤泰雄が授賞となりました。
 ジャパン・アーツは、会社創立時の1976年にチェコ音楽祭(当時はチェコスロヴァキア音楽祭)を開催し、スメタナ弦楽四重奏団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ・フィルハーモニー管弦楽団や指揮者のヴァーツラフ・ノイマン、ズデニェック・コシュラー他多数のチェコのアーティストを日本に招聘し、当時ではめったに演奏されなかったヤナーチェク「グラゴール・ミサ」やドヴォルザーク「スターバト・マーテル」演奏などを行いました。 その後1999年、2004年と3回に亘ってチェコ音楽祭を行ってきました。



チェコ共和国大使公邸にて、大使より授与されました。
2013年3月7日