• ニュース

山田和樹指揮【ルサルカ】/文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞

 この度、文化庁から、山田和樹が読売日本交響楽団を指揮いたしましたオペラ『ルサルカ』が、
平成29年度(第72回)文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞いたしました。 
 今年11月に日生劇場で上演されたこの舞台は、宮城聰氏の演出。管弦楽はもちろん、歌唱・演技ともに充実した出演者とともに高い評価をいただきました。なお、同公演は、1月27日に静岡市民文化会館開館でも上演予定です。

山田和樹は、2018年4月1日から読売日本交響楽団の首席客演指揮者に就任予定。
昨年度は、正指揮者を務める日本フィルハーモニー交響楽団、東京混声合唱団、武蔵野音楽大学などと行なった『柴田南雄生誕100年・没後20年記念演奏会』は同賞大賞を受けており、2年続けての快挙となりました。

 今後の活躍にも、ぜひご注目ください。

 ◆山田和樹のプロフィールは、下記をご参照ください。
  ⇒ http://www.japanarts.co.jp/artist/KazukiYAMADA