• CSR

クラシック・エイドVol.2ご報告 『ひまわりジュニアギタークラブより』 [CSR活動報告]

 当初、「震災で会員の半数が被災して、慣れ親しんできた楽器などすべてをなくしてしまいました。生活の再建が優先するので趣味活動の立て直しにはなかなか手がまわらず、目標を失いそうになる中で、ギターとは名ばかりの楽器をリサイクルショップで手に入れたりしてとりあえず解散を避けています。」という連絡をいただきました。
 そして弊社では、東日本大震災復興支援 クラシック・エイドVol.2において、ギターを3台寄付させていただきました。
 ギターはクラブが所有し、お子さんたちに割り当てて使用しているそうです。新しい楽器が届いてたいへん喜んでいただき、仮設住宅の傍にある施設で慰問コンサートをしたときの写真を送ってくださいました。


仮設住宅傍での慰問コンサート


新しい楽器を試奏しているところ

 町の様子は、復興がほとんど進まず仮設住宅での生活が続いているそうです。家族や、親の職場が被災し、生活が激変してしまった子供たちに、クラブに来たときは和んで楽しく過ごしてほしいと、先生は色々工夫していらっしゃるそうです。
 早く復興が進んで、これからもクラブ活動を続けていただけることを願っております。