• ニュース

仲道郁代 音楽がヒラク未来 東京フォーラム 連携と人財育成がつなぐ未来 2017

全国4館連携フォーラム「音楽がヒラク未来」(芸術監督・監修:仲道郁代)
東京フォーラム《連携と人財育成がつなぐ未来》
が5月12日、13日に、東京文化会館で行われます!

日時:2017年5月12日(金)12:30~19:15、13日(土)10:30~18:00
会場:東京文化会館 小ホールほか
アーティストトークには鈴木優人、中野翔太が、中野翔太はミニ・コンサートにも出演します!
問合:東京文化会館 事業企画課 TEL:03-3828-2111(代表)

【スケジュール】
------------------------------------------------------------
追加開催決定 プレ・コンサート
オープニング前の30分、仲道郁代(ピアノ)による特別コンサート。
5月12日(金)12:30~ [開場:12:00]
東京文化会館 小ホール

曲目: ショパン:ポロネーズ第6番 変イ長調「英雄」op.53
    エルガー:愛のあいさつ op.12
    ドビュッシー:ベルガマスク組曲より「月の光」
------------------------------------------------------------
第1日 5月12日(金)13:00~19:15
①13 :00 ~
基調講演 聴くことが、未来をヒラク? 仲道郁代(ピアニスト)
基調講演 ポスト2020のレガシーとして音楽による文化創出は (仮)
平田竹男(内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局長)

②14 :15 ~ パネルディスカッション
東京だからこそヒラク音楽による未来:未来を創る人財を育てるために
梶 奈生子 (東京文化会館事業企画課長)
湯浅真奈美 (ブリティッシュ・カウンル アーツ部長)
柿塚拓真 (日本センチュリー交響楽団/豊中市文化芸術タ)
モデレータ: 田澤拓朗 (上田市交流文化芸術センター サントミューゼ)

③16 :00 ~ 東京文化会館で育つ人財たち
東京文化会館が実施している Workshopの選りす ぐプログラム一部をご紹介します
〈はじめましてクラシック〉
〈カラダ・オトウタ〉
〈アウトリーチ・プログラム〉

④17 :35 ~ グループディスカッション
東京が“連携”する仕組みを創り、人財を育てるとは  アーティストは何を考えるのか
モデレーター:柿塚拓真(日本センチュリー交響楽団/豊中市文化芸術センター) 、仲道郁代(ピアニスト)


第2日 5月13日(土)10:30~18:00
⑤10:30 ~ アーティストトーク
アーティストは語る:私たち人財となりうのか
モデレータのお話 :社会的人財としてのアーティスト
仲道郁代(ピアニスト)
鈴木優人(作曲、指揮、鍵盤奏者)
中野翔太(ピアニスト)
モデレータ: 吉本光宏(ニッセイ基礎研究所社会研究部研究理事)

⑥13:30 ~ パネルディスカッション
東京文化会館から発信:人を創りつなぐと いうこと
田中玲子(認定特定非営利活動法人トリトン・アーツ・ネットワーク/第一生命ホール)
田澤拓朗(上田市交流文化芸術センターサントミューゼ)
津村 卓(一般財団法人地域創造プロデューサー)
モデレータ: 吉本光宏(ニッセイ基礎研究所社会研究部研究理事)

⑦16 :15 ~ ミニ・コンサート :だから音楽!聴くこと効くことへ
仲道郁代(ピアニスト)
中野翔太(ピアニスト)
梶川真歩(フルート)
渡邊 晴菜 (特別出演)

⑧17 :05 ~クロージング 音楽がヒラク未来東京宣言。育てる! 繋がる!発信する!
吉本光宏(ニッセイ基礎研究所社会研究部研究理事)
田中玲子(認定特定非営利活動法人トリトン・アーツ・ネットワーク/第一生命ホール)
田澤拓朗(上田市交流文化芸術センターサントミューゼ)
津村 卓(一般財団法人地域創造プロデューサー)

フォーラム詳細はこちらからご覧下さい。