• ニュース

矢部達哉 トリトン晴れた海のオーケストラ

 2015年5月19日(火)第一生命ホールの有る、晴海トリトンスクエアのグランドロビーでロビー・コンサートが行われました。


 2015年6月20日(土)に初公演を行う、トリトン晴れた海のオーケストラのコンサートマスター矢部達哉 (Vln.)、双紙正哉 (Vln.)、村田恵子 (Vla.)、山本裕康 (Vc.) が弦楽四重奏曲を演奏。
①18:00~18:30、②19:00~19:30の2回公演で、モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」から第1&2楽章、チャイコフスキー「アンダンテ・カンタービレ」、モーツァルト ディヴェルティメント K.136より第1楽章を演奏しました。
 間にトークを挟んでの公演でしたが、あまりの素晴らしい演奏に、通りがかりの方々が次々に足を止め、小さいお子さんが何名も音楽に惹き寄せられ、熱心に聴き入っていました。



 トリトン晴れた海のオーケストラは矢部達哉を中心に、弦と管にトップ奏者達が集まり、同ホールで行われているセミナーの修了生を交えて結成された室内オーケストラで、指揮者なしで演奏。第一生命ホールのレジデント・オーケストラとして毎年演奏会を行っていくことになります。
 第一生命は1902年の創立以来、企業が社会的責任を果たす取組みの1つとして社会貢献活動に取組み、芸術・文化分野での支援も積極的に行ってきました。そのひとつに、96年に行われたモーツァルトの住家復元事業への支援があります。これをきっかけとして、ザルツブルク・モーツァルテウム財団との友好関係を築き、コレクション展を初めとする様々なイベントを開催しています。そのつながりを大切にし、晴れた海のオーケストラの第1回演奏会も、オール・モーツァルト・プログラムで行うことになりました。同ホールの都内屈指の音響にぴったりの選曲です。

<公演情報>
2015年6月20日(土)14:00開演 第一生命ホール
 オール・モーツァルト・プログラム
 ディヴェルティメント ニ長調 K.136
 交響曲第29番 イ長調 K.201
 セレナード ト長調「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 K.525
 交響曲第40番 ト短調 K.550

 [お問い合わせ先]
 トリトンアーツ・チケットデスク 03-3532-5702
 http://www.triton-arts.net/ja/concert/2015/06/20/1454/