• ニュース

ダンサーインタビュー:コンスタンチン・ズヴェレフ(マリインスキー・バレエ)

11月29日は、エカテリーナ・チェブキナ、昨日「愛の伝説」の宰相役で会場を沸かせたコンスタンチン・ズヴェレフの誕生日です。おめでとうございます!
また、28日の本番の後に、ズヴェレフにショートインタビューを行いました。



―宰相の役作りはどうされていますか?
難しい質問ですね。役作りのプロセスというものはないのですが、できるだけたくさん先輩たちの踊りを観て、でもそれは誰かのコピーではなく自分が感じたまま踊っています。

―バヌーとのパ・ド・ドゥは、どういう気持ちで踊ってますか?どんな関係だと思いますか?
自分としたは愛してはいるけれども、ただそれを表現できない。ある意味“禁じられた愛”だと思っています。だからこれは届けることのできない夢のパ・ド・ドゥということですね。
もちろん、この時宰相は、バヌーの気持ちがフェルハドにいってしまっている事に気が付いています。ただ踊りの中に2度ほど、断られてしまうことを知っていながらバヌーへの気持ちが抑えられないような表現をするところがあります。でも、彼は彼女のために何でもやってあげたい、尽くしたいという気持ちを知ってほしいと思っていると思います。

コンスタンチン・ズヴェレフ、次は12月5日「白鳥の湖」ロットバルト役、11月30日、12月1日・2日「ロミオとジュリエット」のパリス役で登場予定です。
今回は、報われない役ばかりですね…と、話すと「そうですよね!」と、笑っていました。

取材:小田島久恵(音楽ライター)

-------------------------------------------------------
東京公演開幕!!
世界のバレエの至宝。ロシア芸術の都サンクトペテルブルグの高貴な華
マリインスキー・バレエ<キーロフ・バレエ>
2015年来日公演



詳細はこちらから

「ロミオとジュリエット」
 11月30日(月) 18:30 東京文化会館
 12月1日(火) 18:30 東京文化会館
 12月2日(水) 13:00 東京文化会館(平日マチネ公演)
「白鳥の湖」
 12月4日(金) 18:30 東京文化会館
 12月5日(土) 12:30 東京文化会館
 12月5日(土) 18:30 東京文化会館
 12月6日(日) 13:00 東京文化会館