• ニュース

中村紘子 ステージ復帰のご報告

 拝啓 春暖の候 平素からお力添えいただきまして、ありがとうございます。
 さて、病気療養のためコンサート活動を休止しておりました弊社所属ピアニストの
中村紘子が、3月6日【第19回浜松国際ピアノアカデミーオープニングコンサート】で、
約1ヶ月半ぶりにステージに復帰いたしました。【浜松国際ピアノアカデミー】は
1996年の初回から中村紘子が音楽監督を務め、後進育成に力を注いでまいりました。
 中村紘子はショパン、ベートーヴェンなどの作品を、満員のお客さまを前に演奏。
一音一音をいとおしむように奏でられたピアノに、大きな拍手が贈られました。
休憩をはさみ約2時間のコンサートの後、終わらない拍手に応え、ブラームスのハンガリー
舞曲第1番がアンコールとして演奏されました。

 終演後、中村紘子は「ご心配おかけしましたが、私の故郷と言ってもいいこの浜松で、
満員のお客さまに囲まれ演奏できましたことはピアニスト冥利につきます。」

コメントしています。

 なお、リハーサル時間が充分にとれないため、3月27日紀尾井ホールでのジョイント
コンサートは中止となっております。

 今日は中村紘子のステージ復帰をご報告させていただきますとともに、
今後も皆さまのご理解とご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 敬具