• ニュース

チェスキーナ洋子さんに捧ぐ/ロマノフスキー日本公演

1月17日からリサイタル、NHK交響楽団との共演を行うアレクサンダー・ロマノフスキー
から、今回の日本公演を前にメッセージが届きました。


 先週、私の友人であり特別な存在でもあったチェスキーナ・永江洋子さんが亡くなりました。
彼女は真の意味で現代の最も偉大な慈善家のおひとりでした。なぜなら、チェスキーナ・洋子さんは世界中の劇場とオーケストラを支援しましたが、彼女が望んだことはただ良い音楽を聴くことだけだったからです。彼女は常に自分に正直で、心の赴くとおりに行動しただけなのですから。
 彼女が生まれ、深く誇りに思い愛した国・日本で、私がこれから行う4回のコンサートを、
チェスキーナ・永江洋子さんに捧げたいと思います。
 深い感謝を込めて・・・。             アレクサンダー・ロマノフスキー


"Last weekend, my friend and a very special person, Yoko Nagae Ceschina, has gone. She was one of the greatest philanthropists of our time in true sense of this word, because she supported theaters and orchestras around the world and the only thing she was expecting in return was to hear good music. She had always been faithful to herself and went where her heart led her.
Full of gratitude I want to dedicate all my four concerts I am going to play in Japan, the country which gave birth to her, which she was proud of and loved so deeply."          Alexander Romanovsky