• CSR

千住真理子 岩手県の被災地を訪問 [CSR活動報告]

 9月12日から13日にかけて、千住真理子は岩手県の宮古市・陸前高田市・大船渡市の被災地を巡りました。
 宮古市立津軽石中学校は、今年3月に行った東日本大震災支援チャリティコンサート~クラシック・エイドVol.2において、集まった募金で電子ピアノを寄贈したところです。 
千住真理子と伴奏の丸山滋ともに、3月のチャリティコンサートに出演しており、寄贈先の中学校体育館で全校生徒が集まる中、電子ピアノを使用して演奏をしました。
また、学校側からは、生徒全員で「夢の世界を」を合唱し、生徒さんの代表からお礼のことばをいただきました。

宮古市立津軽石中学校で、「G線上のアリア」他を演奏


全校生で「夢の世界を」を合唱

 約1年ぶりに訪れた陸前高田では、がれきや、流されてしまって基礎しか残っていない建物を覆い隠すように雑草が生い茂っていて、一面草原のようなさまに、いまだ復興の兆しすらみえていません。
 大船渡保育園は山の途中にあり、足元まで津波が押し寄せ危機一髪で助かった場所です。津波が来たとき、山へ逃げろという声を背に、身内を助けに戻ったり、遅れて走ってくる親を待つ子供は皆助かりませんでした。助かった園児たちも、「家族と一緒に逃げられなかった、、、」と、先の見えない不自由な仮設住宅の生活のなかで、苦しみや悲しみを心に秘めて、健気にふるまっていました。作曲家である兄の千住明は大船渡保育園の園児たちのために震災後、園歌を作曲することを約束しました。 その場所に、今回千住真理子は訪れて、「アベマリア」や日本の歌などを演奏しました。そして園児たちは、兄の明が作曲した園歌「坂道をのぼって あの雲をつかもう」と高らかに歌いました。
 「坂道を登って~」と何度も何度も繰り返すかわいい声に、この子達は今度津波が来たら、迷わず懸命に坂道を登るに違いない、と思うと千住真理子も訪れたスタッフたちも涙が止まりませんでした。

「坂道を登って~100年後の子供たちへ」チラシ

 県立大船渡病院は、災害拠点病院となったところで、千住真理子が慰問に訪れたときには、外来、入院患者、地元住人の方々200名が待合室に集まりました。
千住明が編曲した「浜辺の歌」の演奏の際には、「傷ついた東北の美しい浜辺を思い出しながら弾いて欲しい」という編曲者の言葉を紹介し、優しい音色で会場の人々を包み込みました。
 演奏後千住真理子は、皆さんからの熱い拍手に、「心から音楽を受け止めてくださり胸があつくなりました。」と語っていました。
 他に、宮古市末広町商店街交流施設「りすあ亭」、陸前高田市コミュニティーセンター、陸前高田市慈恩寺を訪ねました。被災地ビジットは今後も続きます。
  • CSR

舘野泉と小学生[CSR活動報告]

 2012年3月福島県南相馬市立第三小学校では、東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故から、徐々に学校生活を元に取り戻しているところでした。南相馬市民文化会館の名誉館長である舘野泉が橋渡しをして、昭和音大が小学校にグランドピアノを寄付することになり、舘野泉の申し入れで、ピアノのお披露目コンサートを行いました。演奏後には小学生ひとりひとりの質問に、丁寧に答えていました。
 70歳を越える舘野泉と、子供たちは音楽によって、心がつながっているようでした。


*子供たちから寄せられたたくさんのメッセージからご紹介します。
4年生男子:左手だけでも、左手だけでひいている音には聞こえなくて、きれいな音でした。先生は努力をいっぱいしたとおもいました。
5年生女子:舘野先生は質問コーナーのとき、とても難しい質問でもちゃんと答えてくれました。すごくわかりやすかったです。私も舘野先生のように夢をもってあきらめないでがんばろうと思いました。

 このほかにも、たくさんの学校訪問をいままでに行っていますが、2007年には母校である緑ヶ丘小学校開校70周年記念コンサートで演奏しました。

こどもたちに接する舘野泉の笑顔が印象的です。
  • CSR

小川典子 チャリティ活動の数々[CSR活動報告]

ジェイミーのコンサート
かつて小川典子はロンドンの下宿先でジェイミーという自閉症の子供のいる家族と一緒に生活をしたことがあります。そのとき彼女は、自閉症や障害のある子供を持った家族が、世話などで多忙な日常から離れ、おしゃれをして外出できる機会をつくりたいと考えました。
 コンサートは平日の昼間にひらかれ、コンサート後には、小川典子が英国から持ち帰った本場の紅茶とビスケットで茶和会をし、同じ境遇にあるご家族どうしが、語り合えお互いにほっと心が温まる時間を過ごします。
ライフワークとしているこのコンサートは、現在10回目を迎えました。英国でも2回の「ジェイミーコンサート」が開催されています。

左)コンサート後、小川さん自らが皆さんに紅茶とビスケットを配ります。
右)英国からのビスケット


●黒猫カード
 2012年1月~6月、ドビュッシー生誕150周年を記念して英国マンチェスターのブリッジ・ウォーターホールで開催された音楽祭の企画担当を務めた小川典子は、音楽祭を記念して「黒猫カード」を作りました。
 絵柄は4種類、ドビュッシーが当時通った黒猫倶楽部からヒントを得て、黒猫と音楽をテーマにデザインされています。
 ブリッジ・ウォータホールの会場だけでなく、日本で小川典子が出演するコンサートの会場でも販売し、その収益はすべて、英国ジャパン・ソサエティーを通じて現在も東北の被災地支援として寄付され続けています。



●ミューザ川崎への思い
 川崎在住で、ミューザ川崎のアドバイザーを務めている小川典子は、東日本大震災によるミューザ川崎の被害に深く心を痛めていましたが、2012年8月6日に川崎市長を訪問し、「川崎市に育ててもらった音楽家であり、一市民として」と100万円を寄付いたしました。
小川典子は、バッハやモーツァルトの時代からクラシック関係者は互いを助け合う姿勢があり、自分はミューザ川崎とは運命を共にするピアニストという立場だと語っています。

阿部市長から感謝状を贈られた小川さん(川崎市役所にて)


●東日本大震災チャリティコンサートを英国にて開催
 英国と日本を行き来して暮らす小川典子は、日本において大震災を経験し、その後英国に戻り、
2011年3月30日にロンドンのキングス・プレイスにて早々に東日本大震災の義援金を集めるコンサートを開催しました。 またその後も、ランカーシャーのダグラス・ミュージック・ソサエティと、ヨークシャーのリポン大聖堂コンサート・ソサエティで開催されたリサイタルでも英国の人々に支援を呼びかけ、最終的に21,203.09ポンド(日本円約265万円)が集まり、英国赤十字社から日本赤十字社を通じて、被災地の皆様にお送りいたしました。
  • CSR

ニーナ・アナニアシヴィリのトゥ・シューズ チャリティーオークションのご報告


グルジア国立バレエ団を率いて2012年6月より来日したニーナ・アナニアシヴィリは、今回の来日で「白鳥の湖」全幕を踊るのは、最後となりましたが、そのときに使用したトゥ・シューズにサインをして、東日本大震災復興支援のために提供してくださいました。
ホームページ上でチャリティ・オークションを行った結果、たくさんの方よりご応募をいただきましたが、111,111円で落札された方に、トゥ・シューズをお送りいたしました。頂いた金額は、「あしなが育英会 東日本大地震・津波遺児基金」に寄付させていただきます。
ご応募いただいた方々に、心より御礼申し上げます。
  • ニュース
  • CSR

ニーナ・アナニアシヴィリのトゥ・シューズをチャリティに!

≪東日本大震災復興支援チャリティ・オークション≫
グルジア国立バレエ団を率いて来日したニーナ・アナニナシヴィリは、今回の来日で「白鳥の湖」全幕を踊るのは、最後となりましたが、その舞台では、とても素晴らしいオデットとオディールを披露しました。
そしてこのたび、その想い出深い舞台で使用した貴重なトウ・シューズを一足、東日本大震災復興支援として、提供してくださいました。
トゥ・シューズにはニーナの自筆サイン、日付入りです。



(ニーナが日本で覚えたカタカナやグルジア語でもサインしています。) 

応募はこちらのフォームに書き込んで、エントリーください。

最低価格2,000円より
締切り2012年9月15日24時まで

一番高い落札価格の方にお贈りいたします。
落札決定の方にはご連絡をし、振込先をお知らせいたします。
入金が確認され次第、品物をお送りいたします。
落札額は、「あしなが育英会東日本大地震・津波遺児募金」に寄付をさせていただきます。
皆様奮ってご参加くださいますようおねがい申し上げます。