• ニュース

ブルガリア・ソフィア通信第2弾 [ブルガリア国立歌劇場]

湯山玲子氏による、ソフィア(ブルガリアの首都)レポートが届きました!

2日目は、コーディネイターのソニャ嬢が見つけてきた、ソフィアから北上すること二時間弱のブラッァVratsaというエリアの「民俗音楽フェス」に直行。ヨーロッパ大陸のドライブはいつも快適。ガンガンにマイipodで音楽をかけたいところだが、システムが合わず断念。なので、運転手のアンナ嬢のR&B三昧。お若いのに趣味が渋く、ボズ・スキャッグスの「Low Dow」のfeat、チャカ・カーンなどがかかる。街道の脇には小さい町が点在していて、そこに異様にそびえ立つのは、共産圏時代のアパート。デザイン的に好物なんですが、なんだかすすボケていましたね。エアビーで出物があったら是非泊まりたい物件ではある。広大な草原の地形を生かしたフェスは、参加者や見物客がそれぞれ民俗衣装を着ていて、お祭り気分はマックス。なんでもこの日の午後の目玉は、伝統的な様式に従ったリアル結婚式で、市長も民族衣装を着て祝辞を述べていました。(こりゃ、絶対に離婚できないわな)草原にラグをひいてその上で宴会する形式も再現。ご親戚もいるんでしょうが、出演者のみなさん全員の楽屋代わりになってるらしいムード。伝統的楽器によるバンド演奏もあれば、ブルガリアの流行歌のシンガーも出てくるというプログラムは、やっぱり全てにバックビートが強い。四つ打ちの一拍に三連音符のタタタ、タタタが入っていくタイプが、最近のエレクトロが入った流行歌の基本のよう。

輪になって、ステップを踏む踊りである「ホロhoro」。みなさんが気軽に盆踊りのように参加するのだが、そのステップは地域やリズムによって千差万別。ソニャ情報によると、学校での体育の時間にガンガンに習うらしく、みんなが踊れるのだそう。「温泉スパがある」と帰りに立ち寄ったのは、Varshetsヴァルシェッツの「Medicusメディクス」というスパリゾートホテル。ええ、泳ぎましたともさ!!!! 気温も水温も24度という悪条件の中、プール独り占め。プールを見下ろすホテルのベランダからの「マジかよ」という視線をはねのけて。しかしながら、雲が切れて日が差すとそこは天国。緯度の高い場所の透き通った光線を浴びて、超リラックス。一方、室内のジャグジーが日本的に「いい湯加減」なので浸かっていたら、バーサンが二人入ってきました。一人が英語づかい(ブルガリアでは珍しい)だったので、いろいろとおしゃべり。ダンナをおいて女友達二人で遊びに来たそう。

温泉がバンバン吹き出ているのに、あまりスパが盛んでないのは、国民性だとソニャ嬢。イスラムに500年支配された中では、ハンマムというイスラム圏の蒸し風呂も持ち込まれただろうに、それが定着しなかったのは、文化的反発なのかも。この地では温泉というと、完全に湯治という治療目的なのだそう。ソフィアの中心部にもナチュラル適温の温泉がバンバン沸いていて、そこは健康のための「温泉汲み場」になっている。ああっ、もったいない。

観光立国を目指すと言うブルガリア。ハンガリーのブダペストが宮殿のような公衆浴場で世界中から観光客を集めているわけで、ここはひとつ、温泉に開眼していただいて、自然の地形を利用した、とんでもない露天風呂を作って欲しいところ。こちらのデベロッパーの方々に是非、湯布院あたりを視察していただきたいものです。もう、スパじゃなくて、露天岩風呂ですよ!!!『テルマエロマエ』ブルガリア版てなことでどうでしょ。

3日目は、ソフィアから東に向かって2時間。職人集団と貿易で栄え、ブルガリア解放運動の発生地になったでもって、またしても「海外において出会いの引きが強い」と言われる私のブルガリア版が発生。Koprivshtitsaコブリフシュティツァ(超発音が難しい)村に行った時のこと。木造の歴史的建造物の街並みが美しいこの町の教会で、ちょっと中を見せてもらおうと僧侶に声をかけたら、その彼が人懐っこくて、「アレクサンダー・ネフスキー寺院のミサの音楽に感動した」話をしたら、なんとその場で祈りの歌を唄ってくれたのです。

彼(その名もボコミールwwwニックネームはブギwwwww)は土地の顔役らしく(当たり前か)、気がつくと市長が花束をもって現れて、その流れで市長さんとともに(どういう流れだ!!!)横にある接待所(可愛い!)で、ラキヤという伝統的な果実酒を市長とブギとでガン飲みするハメに!!!

自称「俺って。目が青くて若い時は美青年で教師たちの人気者だった」って、もうさ、BLじゃないんだから。しかし、その名残はちょっとあって、アラン・ドロンやヘルムート・バーガーの老境変化から妄想すると、相当な美青年だったことは確か。

見せていただいた、ミサ曲の楽譜は4線のネウマ譜よりも素朴な、線と点だけのもの。これで8声までが記譜され、コーラス隊の面々はこれを歌うのだそう。感心していたら、なんと、その今使用中の楽譜本をプレゼントされてしまったのですよ。

一方、喧嘩の強そうな市長さんも、歌える歌があるというので二重唱。彼の望みは、日本の桜の木を送ってもらって、その町と姉妹都市になりたいとのこと。

こういう町の土産物屋にお宝が眠っている、というのは長年の私の旅の知見なのですが、その通り、ちょっと奥に引っ込んで、本当に愛想の悪いおっさんがやっている店の奥に倉庫のような展示があったので、覗かせてもらったら、ビンゴ!! 200年前と思われる銅貨を使った首飾り、伝統的な織物であるヤギの毛のラグ、小学生の教材っぽいブルガリアの地形図などをゲットしました。本当はずっとその村の片隅にあり続けるはずだったモノが、東京の私の家に来る。この「時空越え」は、結構、好きなイメージ。映画『君の名は。』のモチーフの一つにもこの感覚がありましたね。

<湯山玲子>
日本大学芸術学部文芸学科非常勤講師。自らが寿司を握るユニット「美人寿司」、クラシックを爆音で聴く「爆音クラシック(通称・爆クラ)」を主宰するなど多彩に活動。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッションなど、カルチャー界全般を牽引する。著書に『クラブカルチャー』(毎日新聞社)、『四十路越え!』(角川文庫)、『女装する女』(新潮新書)、『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『ベルばら手帖』(マガジンハウス)、『快楽上等!』(上野千鶴子さんとの共著。幻冬舎)、『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』(KADOKAWA)などがある。
湯山玲子公式サイト:http://yuyamareiko.blogspot.com/

ブルガリア国立歌劇場
10月5日(金) 18:30 「カルメン」
10月6日(土) 15:00 「カルメン」
10月8日(月・祝) 15:00 「トゥーランドット」
公演詳細はこちらから
  • ニュース

【新譜情報】アリス=紗良・オット「ナイトフォール」

暮れなずむパリの光と陰に思いを馳せる
アリス初のフランス・ピアノ名曲集
「ナイトフォール」
ドイツ・グラモフォンと専属契約を結んだメジャー・デビューから10 年。ドイツ・グラモフォン・レーベルの看板アーティストのひとりとして大きく成長し、世界的な活躍を続けるアリス=紗良・オット。
アリス初の小品集は珠玉のフランス・ピアノ名曲に様々なニュアンスを投影し、作品の世界を豊かに表現しています。「ナイトフォール」は、夜の帳が降りた直後の昼と夜の狭間。移ろいゆく群青のグラデーションと、忍び寄る闇の奥に潜む模糊としたミステリアスな気配。夢と現(うつつ)、光と闇、相反するイメージと感情、ミステリアスな心象風景を、しなやかな指先から紡いでゆきます。

発売日:2018年8月24日
レーベル: ユニバーサル クラシックス
価格・規格品番:
UCCG-90807(ボーナスDVD付限定盤) 3,780円(税込)
UCCG-1808(通常盤) 3,024円(税込)


収録予定内容:
ドビュッシー: 夢想、ベルガマスク組曲(前奏曲/メヌエット/月の光/パスピエ)
サティ: グノシエンヌ第 1 番、ジムノペディ第 1 番、グノシエンヌ第 3 番
ラヴェル: 夜のガスパール(オンディーヌ/絞首台/スカルボ)、亡き王女のためのパヴァーヌ
録音:2018年 3月 ベルリン

※詳細は、決まり次第お知らせいたします。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
時代を変えるピアニズム
アリス=紗良・オット ピアノ・リサイタル
2018年9月27日(木) 19:00 東京オペラシティ コンサートホール
公演詳細はこちらから
  • ニュース

【新刊情報】『バッハ 「音楽の父」の素顔と生涯』 加藤浩子 著

音楽史上最大の作曲家の素顔は、敬虔なルター派教徒にして普通の家庭人だった。彼が暮らしたドイツの街から生涯と作品の秘密を辿る。
加藤浩子 著『バッハ 「音楽の父」の素顔と生涯』世間並みの立身出世を願い、子どもの行く末を心配し、ときには喧嘩をし、妻を亡くして北の街へ傷心旅行に出る──。西洋音楽史上最大の作曲家は、敬虔なルター派教徒にして、なによりも普通の家庭人だった! ドイツの一地方の作曲家として活動したバッハの音楽が、なぜ21世紀の今も愛好されるのか。彼が暮らしたドイツの街から、生涯と作品の秘密をたどる。最新の研究成果もレポート。巻末にディスクガイドを付す。


発行:平凡社新書
価格:920円+税
  • ニュース

ブルガリア・ソフィア通信第1弾 [ブルガリア国立歌劇場]

湯山玲子氏による、ソフィア(ブルガリアの首都)レポートが届きました!

ソフィア通信1日目
ブルガリア。
日本ではほとんどヨーグルトの代名詞ではないか、という認知の国だが、実はこの私、1970年の大阪万国博覧会で、この国のそのヨーグルトと印象的な出会いをしている。並び待ちということができない両親がチェックするパビリオンは、月の石で賑わうアメリカ館なんぞはもってのほか、余裕で入れる発展途上国のそればっかり。ああ、今も忘れはしないブルガリア館。そこで出された、いつもの甘い瓶詰めと違う「ヨーグルト」に小学校4年生のわたくしは味覚開眼しましたね。未体験の味に「なんじゃあ、こりゃあ」状態になったが、その驚きが美味しい方向に転んだのだった。明治がその名を冠した製品を世に出す数年前の話だが、それって、当時の社員が私と同じような経験をしたからではないのでは?! と妄想。 で、その首都ソフィアを歩いた感想は、手のひらサイズの可愛らしい街、だということ。官公庁やらがぎゅっと詰まった中心部。ちょっと歩くと、庶民の露天マーケットがあり、オペラ座、テクノ系クラブ、スターシェフが腕をふるうイタリアンなどなど、立ち寄った要所は全部徒歩で回れてしまう。街の中心地に、なんと飲料可の温泉の汲み場があり、おっさんが何個もタンクを持ち込んで水を取っているような場面なんぞは、これまったく日本の神社の名水処、そのまんま。目抜き通りには、もちろん、一流ブランドやzaraなどが存在するが、全体的に素朴な感じ。今原稿を「ホームメイド」の黒板書きが出ている路上のテラスレストランで、フェタチーズ&ブルガリアワインとともに書いているのだが、みなさんが静かに夜の通りをそぞろ歩く感じが、なんだか、日本の田舎の夜祭みたいなのだ。

 ところが、その表面のリラックス感と裏腹の体験を初日から、二発食らってしまったのである。そのひとつが、ブルガリア正教会の寺である、アレクサンダー・ネフスキー寺院の夕刻のミサ。狙っていったわけではなく、立ち寄った時にちょうどそれが始まったので、結局、一時間あまりをそこに釘付けになってしまった。 天井から吊り下げられた巨大シャンデリアを始め、壁の前面には黄金の聖人の聖画で埋め尽くされ、重厚アンド荘厳な空間にガーンと響いて来たのは、なんと「合唱」なんですよ。ヨーロッパの教会音楽には、パイプオルガンが欠かせないが、その代わりに「合唱」。姿は見えないが多分20人ほどではないかと思われる聖歌隊が中空のテラスにいて、ループの和声をがんがんガンガン送り出してくる。そこに4人の僧侶の儀式が何度となく、繰り返されるのだが、その祈りの声と相まって、音響の真綿がグイグイ身体を圧迫していくような時間に、陶然となってしまった。僧侶が振り続ける香炉から、もうもうと煙が発生し、お香の香りが満ち満ちている。乳香か木香なのか、結局、視覚聴覚嗅覚すべての体感を抑えられ、ある「境地」に持っていかれるわけで、まあ、私もこれまでいろいろな「場と音楽」を聴いていますが、これほどのものは今まで経験ないかも。

 恐るべし、ブルガリア正教会。ほかにギリシャ、ルーマニア、ロシアを加えて、東方正教会を形作っているわけだが、この地のそれは、かつてのヨーロッパがそうだったように生活の中に完全に入り込んでいる感あり。ミサには今時の若者から老人までがつめかけ、盛んに十字を切っている様子は、トルコで見たイスラム寺院と人々の関係性と非常に近い。特質すべきは、この圧倒的な音楽体験をソフィアの人々は幼少時から重ねているわけで、その芸術民度の高さを考えるとクラクラしてくる。 その日の夜に観た、ブルガリア国立歌劇場でのバレエ公演「ジゼル」も素晴らしかった。1200人ほど収容の歌劇場のこじんまり感と、客席と同じほどの奥行きがある舞台、歴史的歌劇場独特の「近い音響」を兼ね備えた舞台に花開いたのは、Boryana Petrovaボリヤナ・ペトロヴァという若いバレリーナ。この演目は、第1幕のジゼルの元気でピュアなギャピキャピぶりと、第2幕の幽霊になってしまった以降の幽玄との落差がキモなのだが、彼女は完璧。特に前半の少女ぶりは、マーゴット・フォンテーンを彷彿。

 週末なので、教えてもらったテクノ系クラブに行こうとしたが、さすがに電池切れでした。

<湯山玲子>
日本大学芸術学部文芸学科非常勤講師。自らが寿司を握るユニット「美人寿司」、クラシックを爆音で聴く「爆音クラシック(通称・爆クラ)」を主宰するなど多彩に活動。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッションなど、カルチャー界全般を牽引する。著書に『クラブカルチャー』(毎日新聞社)、『四十路越え!』(角川文庫)、『女装する女』(新潮新書)、『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『ベルばら手帖』(マガジンハウス)、『快楽上等!』(上野千鶴子さんとの共著。幻冬舎)、『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』(KADOKAWA)などがある。
湯山玲子公式サイト:http://yuyamareiko.blogspot.com/

ブルガリア国立歌劇場
10月5日(金) 18:30 「カルメン」
10月6日(土) 15:00 「カルメン」
10月8日(月・祝) 15:00 「トゥーランドット」
公演詳細はこちらから
  • ニュース

【掲載情報】NIKKEI STYLE ビジュアル音楽堂「山田和樹 マーラーの次は約200カ国の国歌に挑戦 」

NIKKEI STYLE ビジュアル音楽堂に、山田和樹のインタビューが掲載されました。
「山田和樹 マーラーの次は約200カ国の国歌に挑戦」NIKKEI STYLE ビジュアル音楽堂はこちらから

◆山田和樹のプロフィールなどアーティストの詳細
http://www.japanarts.co.jp/artist/KazukiYAMADA