• ニュース

【2018年4月・5月】チケット発売情報

間もなく以下のコンサート・チケットが発売されます。
ぜひお見逃しなく!
■夢倶楽部WEB 4月21日(土)・夢倶楽部TEL 4月22日(日)
 ジャパン・アーツぴあネット会員 4月26日(木)・一般発売 4月28日(土)

 アリス=紗良・オット ピアノ・リサイタル
 佐藤美枝子 チャイコフスキー国際コンクール優勝20周年記念リサイタル
■夢倶楽部WEB 4月21日(土)・夢倶楽部TEL 4月22日(日)
 ジャパン・アーツぴあネット会員 4月26日(木)・一般発売 5月6日(日)

 横山幸雄 ピアノ・リサイタル<ベートーヴェン・プラス Vol.5>
 仲道郁代 Road to 2027 第1回 ショパンを弾く
■夢倶楽部WEB 5月5日(土)・夢倶楽部TEL 5月6日(日)
 ジャパン・アーツぴあネット会員 5月10日(木)・一般発売 5月12(土)

 ユーリ・バシュメット&モスクワ・ソロイスツ
■夢倶楽部WEB 5月12日(土)・夢倶楽部TEL 5月13日(日)
 ジャパン・アーツぴあネット会員 5月17日(木)・一般発売 5月20日(日)

 マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団
  • ニュース

【新譜情報】河村尚子「ショパン:24の前奏曲&幻想ポロネーズ」

音が自在に舞い、色彩をまき散らす―スリルに満ちた、この愉悦。
河村尚子 ショパン:24の前奏曲&幻想ポロネーズ
河村尚子にとってRCAでの5枚目のソロ・アルバムであり、2014年のラフマニノフ以来、4年ぶりとなる新録音は、ショパンの最高傑作かつ最高の音楽的難度を誇る「24の前奏曲」と「幻想ポロネーズ」を中心としたショパンのファンタジーの飛翔を刻み込んだ作品でアルバムを構成しています。
2009年のRCAデビュー盤「夜想(ノットゥルノ)」以来、河村のトレードマークとなっているショパン作品への久々の回帰であり、「演奏会で何度も取り上げ、これらの作品の解釈が熟してきている今、どうしても録音として残しておきたい」という河村の決意と熱が結集した充実ぶりをお聴きいただけます。
2014年11月~2016年11月にかけて水戸芸術館で開催された「ショパン・プロジェクト」で、ショパン作品を新たな視座で捉えなおした河村ならではの着眼点の面白さ満載で、次のステップへ音楽をますます深化させている河村尚子の最前線を伝えるアルバムです。

発売日:2018年4月25日
品番:SICC-19009
価格:¥3,000+税
収録内容:
1. 幻想ポロネーズ 変イ長調 作品61
2. 幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66
3. 前奏曲 嬰ハ短調 作品45
4. 3つのマズルカ 作品59 マズルカ イ短調 作品59の1
5. 3つのマズルカ 作品59 マズルカ 変イ長調 作品59の2
6. 3つのマズルカ 作品59 マズルカ 嬰ヘ短調 作品59の3
7. フーガ イ短調KK.IVc/2
8. 24の前奏曲 作品28 第1番ハ長調
9. 24の前奏曲 作品28 第2番イ短調
10. 24の前奏曲 作品28 第3番ト長調
11. 24の前奏曲 作品28 第4番ホ短調
12. 24の前奏曲 作品28 第5番ニ長調
13. 24の前奏曲 作品28 第6番ロ短調
14. 24の前奏曲 作品28 第7番イ長調
15. 24の前奏曲 作品28 第8番嬰ヘ短調
16. 24の前奏曲 作品28 第9番ホ長調
17. 24の前奏曲 作品28 第10番嬰ハ短調
18. 24の前奏曲 作品28 第11番ロ長調
19. 24の前奏曲 作品28 第12番嬰ト短調
20. 24の前奏曲 作品28 第13番嬰ヘ長調
21. 24の前奏曲 作品28 第14番変ホ短調
22. 24の前奏曲 作品28 第15番変ニ長調「雨だれ」
23. 24の前奏曲 作品28 第16番変ロ短調
24. 24の前奏曲 作品28 第17番変イ長調
25. 24の前奏曲 作品28 第18番ヘ短調
26. 24の前奏曲 作品28 第19番変ホ長調
27. 24の前奏曲 作品28 第20番ハ短調
28. 24の前奏曲 作品28 第21番変ロ長調
29. 24の前奏曲 作品28 第22番ト短調
30. 24の前奏曲 作品28 第23番ヘ長調
31. 24の前奏曲 作品28 第24番ニ短調

演奏:
河村尚子(ピアノ)

購入:ソニー・ミュージック

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
時満ちて・・・偉大なる作曲家の深淵に迫る旅
河村尚子 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ・プロジェクト Vol.1(全4回)
2018年6月1日(金) 19:00開演 紀尾井ホール
公演詳細はこちらから
  • ニュース

ダニエル・ロザコヴィッチのインタビュー [フランクフルト放送交響楽団]

6月にアンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮 フランクフルト放送交響楽団と共演するヴァイオリニスト ダニエル・ロザコヴィッチ。伊熊よし子氏によるインタビューぜひご覧下さい。7つの民族の血を受け継ぎ、4カ国語を操る若き逸材。
9歳から親しんでいるメンデルスゾーンのコンチェルトで真価発揮


 ウラディーミル・スピヴァコフ、ワレリー・ゲルギエフ、アンドリス・ネルソンスをはじめ、多くの世界的な指揮者から「真の天才」と称されるダニエル・ロザコヴィッチは、7歳になる少し前に自分の意志でヴァイオリンを始めた。家族に音楽家はひとりもおらず、ロザコヴィッチも母親の希望で5歳からチェスを習い、ストックホルムの大会で第2位となり、関係者から「未来の名人出現」と称された。
当時はロシアのテニス選手、マラト・サフィンの大ファンだった母親の薦めによりテニスも習い、12歳の子に勝つほどの腕前だった。
「でも、ぼくは学校でヴァイオリンに出合い、一瞬にしてその音色に魅せられてしまったんです。ヴァイオリンだったら90歳まで弾ける。スポーツは30代で引退しなければならない。絶対にヴァイオリニストになると、7歳前に自分の将来を決めました。以後、迷いはありません。さまざまな指揮者からいろんなことを学び、レパートリーが増えていくたびに胸が高鳴ります。音楽で自分を表現できるので」
 ロザコヴィッチは幼いころから先生探しに苦労した。自分の音楽観と合う先生になかなか巡り合えなかったからだ。だが、カールスルーエ音楽大学のヨーゼフ・リッシン、さらにエドゥアルド・ウルフソン教授と出会い、現在はこのふたりから非常に意義深いレッスンを受けている。そしてジュネーヴのインターナショナルスクールにも通い、学科も学んでいる。
「ぼくの家系はいろんな民族が混じっていて、ぼく自身は7つの民族の血を受け継いでいます。それはいろんな作曲家の作品を学ぶときにとても役立ちます。言語にも興味があり、いまは4カ国語を話せますが、もっと増やしていきたい。言語が理解できると、作曲家に近づくことができると思うからです」 ヴァイオリンを始めて2カ月後に初めてのリサイタルを行い、1年半後にはスピヴァコフとの共演でタイスの「瞑想曲」を演奏した。
「マエストロ・スピヴァコフが、ぼくのヴァイオリニストとしての道を拓いてくれたのです」
 そのころからメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲には憧れていたが、実際に演奏したのは10歳のとき。ロマンにあふれ、繊細で奥深い曲想に深い共感を抱くようになる。
「メンデルスゾーンのコンチェルトは子どもにとって理解しやすい曲でした。旋律が美しく、自然に入っていくことができましたから。9歳から独学で弾いていますが、いまはもっと楽譜の奥まで読み込み、その深さを表現したい。マエストロ・オロスコ=エストラーダとは初共演ですので、すごく楽しみです」
 エキゾチックな風貌と、知的で深々とした表現の演奏。共演した指揮者がみな絶賛し、支援を惜しまないのは、素直な性格も関係している。「スポーツをしないと頭がスッキリしない」と語る彼は、テニス、サッカー、ボクシングに加え、最近は柔道も始めた。なんでもとことん極め、自分のものにしてしまうロザコヴィッチ。「でも、ヴァイオリンが一番。生涯、ぼくはヴァイオリンとともにありたい」と熱く語る。その心意気を演奏から受けとりたい。

伊熊よし子(音楽ジャーナリスト)

ダニエル・ロザコヴィッチは6月8日(金)群馬県太田市民会館、6月9日(土)ミューザ川崎シンフォニーホールに登場します。ロザコヴィッチが奏でるメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ぜひ、お聴き逃しなく!!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
深みある響きとみなぎる鮮烈な音楽表現能力、 若き才能との注目の響宴!
フランクフルト放送交響楽団 アンドレス・オロスコ=エストラーダ(音楽監督・指揮)
2018年6月9日(土) 19:00開演 ミューザ川崎シンフォニーホール
2018年6月14日(木) 19:00開演 サントリーホール
公演詳細はこちらから
  • ニュース

【リリース情報】松田理奈『ブラームス第1番&フランク ヴァイオリン・ソナタ』

ブラームス第1番&フランク ヴァイオリン・ソナタ
松田理奈、8年ぶりとなるアルバム作品。
ブラームスとフランク 2 曲のソナタを情緒豊かに表現し、松田理奈の美質と真価が存分に示された名演。

発売日:2018年5月2日
品番:VICC-60950
価格:¥3,000+税
収録内容:
ヨハネス・ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト長調 作品78《雨の歌》
セザール・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調

演奏:
松田理奈(ヴァイオリン)
清水和音(ピアノ)

購入:ビクターエンタテインメント

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
松田理奈ヴァイオリン・リサイタル
2018年5月18日(金) 19:00 浜離宮朝日ホール
公演詳細はこちらから

  • ニュース

アンドレス・オロスコ=エストラーダ 2021/22シーズンからウィーン交響楽団の音楽監督に就任!

アンドレス・オロスコ=エストラーダが、2021/22シーズンからウィーン交響楽団の音楽監督に就任することが発表されました。詳細はこちらをご覧下さい。(英語)

アンドレス・オロスコ=エストラーダは6月にフランクフルト放送交響楽団と来日いたします。6月9日はミューザ川崎シンフォニーホールにてダニエル・ロザコヴィッチと、6月14日はサントリーホールにてチョ・ソンジンと共演いたします。ぜひ、お楽しみに!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
深みある響きとみなぎる鮮烈な音楽表現能力、 若き才能との注目の響宴!
フランクフルト放送交響楽団 アンドレス・オロスコ=エストラーダ音楽監督・指揮
2018年6月9日(土) 19:00開演 ミューザ川崎シンフォニーホール
2018年6月14日(木) 19:00開演 サントリーホール
公演詳細はこちらからご覧下さい