• ニュース

【新譜情報】ベルリン・フィル八重奏団『シューベルト:八重奏曲』(2017年11月15日発売)

ベルリン・フィル八重奏団『シューベルト:八重奏曲』樫本大進含む新体制で十八番のシューベルトを19年ぶりに録音!
2013年に、ヴァイオリニスト樫本大進の他、ヴィオラにグロス、ホルンにドール、ファゴットにビロンという、文字通り21世紀のベルリン・フィルの「顔」と言えるメンバーたちが加わり、「ベルリン・フィル八重奏団」は新たなスタートを切りました。2014年1月、そして2017年1月の来日公演でも好評を博し、待望されていた「シューべルト:八重奏曲」の録音がいよいよ実現!
 レコーディング・ディレクターは、彼らの音楽を熟知している、ベルリン・フィルのエンジニア、クリストフ・フランケが担当。世界的奏者8人それぞれの音色が際立つ上に、アンサンブルの素晴らしさも伝えててくれる神業が光ります。シューベルトが伝えたかったことが如実に自然と伝わり、シューベルト:八重奏曲の魅力に新たに気づく人も多いに違いありません。納得のいかない録音のリリースは承諾しない彼らの貴重な録音。今回収録した「シューベルトの八重奏曲」を演奏するために、約80年前に結成された、ベルリン・フィルの室内楽グループでも最も歴史ある「ベルリン・フィル八重奏団」による演奏です。

発売日:2017年11月15日
品番:BPOC-0001
価格:¥3,000 (税抜)

収録内容:
シューベルト:八重奏曲

演奏:
ベルリン・フィル八重奏団
樫本大進(第1ヴァイオリン)
ロマーノ・トマシーニ(第2ヴァイオリン)
アミハイ・グロス(ヴィオラ)
クリストフ・イゲルブリンク(チェロ)
エスコ・ライネ(コントラバス)
ヴェンツェル・フックス(クラリネット)
シュテファン・ドール(ホルン)
モル・ビロン(ファゴット)

詳細・購入:ベルリン八重奏団『シューベルト:八重奏曲』

対象の店舗、WEBサイトでご購入いただいた方には先着で、「ベルリン・フィル八重奏団カレンダー」の特典が!
持ち歩きにも便利なA5サイズ(16ページ)。是非お早目のご予約を!詳しくは上記サイトをご覧ください!

◆ベルリン・フィル八重奏団のプロフィールは下記をご参照ください。
http://www.japanarts.co.jp/artist/artist_detail.php?id=86
  • ニュース

原田慶太楼 ブルガリア国立歌劇場 新演出「カルメン」で指揮!

原田慶太楼がブルガリ国立歌劇場の「カルメン」新演出の初日に指揮をいたします!初日は、11月3日(金)、間もなく!↑「カルメン」のポスター

ブルガリアで大々的なニュースになっており、初日に向けリハーサルなどを重ねています。
Sofia Grobe(現地のニュースサイト)
https://sofiaglobe.com/2017/10/05/carmen-to-premiere-with-keitaro-harada-at-sofia-opera/

ブルガリア国立歌劇場のサイト
https://www.operasofia.bg/

原田慶太楼のFacebookで初日までの様子が掲載されています!ぜひ、ご覧ください。



原田慶太楼のプロフィールなどの詳細はこちら
http://www.japanarts.co.jp/artist/KeitaroHARADA
  • ニュース

【2017年来日公演情報】ミヒャエル・ザンデルリンク (指揮)

ミヒャエル・ザンデルリンク 2017年来日公演情報◆オーケストラ・アンサンブル金沢 第395回定期公演マイスター・シリーズ
11月18日(土) 14:00開演 石川県立音楽堂 コンサートホール

≪プログラム≫
メンデルスゾーン:序曲「フィンガルの洞窟」op. 26
モーツァルト:ピアノ協奏曲 第18番 変ロ長調 K. 456
ヨスト:ゴースト・ソング(2017)
モーツァルト:交響曲 第39番 変ホ長調 K. 543
≪出演≫
ミヒャエル・ザンデルリンク(指揮)
ソフィー=マユコ・フェッター(ピアノ)
公演詳細はこちらから

◆オーケストラ・アンサンブル金沢第16回七尾定期公演
11月19日(日) 15:00開演 七尾サンライフプラザ大ホール

≪プログラム≫
モーツァルト:交響曲第39番変ホ長調 K. 543
シューマン:チェロ協奏曲イ短調 Op. 129
グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調 Op. 16
≪出演≫
ミヒャエル・ザンデルリンク(指揮)
沼沢淑音(ピアノ)
横坂源(チェロ)
公演詳細はこちらから

◆ミヒャエル・ザンデルリンクのプロフィールなどアーティストの詳細
http://www.japanarts.co.jp/artist/MichaelSANDERLING
  • ニュース

【新譜情報】デニス・マツーエフ「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番」(2017年11月22日発売)

デニス・マツーエフ
「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー」
人間業とは思えない無尽蔵に湧き出るエネルギー、圧倒的なヴィルトゥオジティ、そしてダイナミック・レンジの幅広さで知られる、ロシアのピアノの巨人、デニス・マツーエフ。2017年12月、1日でラフマニノフのピアノ協奏曲全曲を弾く「ラフマニノフの祭典2017」に合わせて国内発売される来日記念盤は、力と美に満ちたラフマニノフのピアノ協奏曲第2番と洒脱なガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルーをカップリング。

発売日:2017年11月22日
品番:SICC-30468
価格:¥2,500 (税抜)

収録内容:
1.ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18
2.ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー

演奏:
デニス・マツーエフ(ピアノ)
アラン・ギルバート(指揮)
ニューヨーク・フィルハーモニック

詳細・購入:Sony Music Shop
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ラフマニノフの祭典2017 現代最強のコンビで聴くロシアの魂
ワレリー・ゲルギエフ指揮 マリインスキー歌劇場管弦楽団 デニス・マツーエフ(ピアノ)
2017年12月10日(日) 13:00開演 サントリーホール
2017年12月10日(日) 18:00開演 サントリーホール
公演詳細はこちらから
  • ニュース

コンピレーション・アルバム「蜜蜂と遠雷」その音楽と世界

直木賞&本屋大賞のダブル受賞に輝いた、国際ピアノコンクールにおける若者たちの群像劇をリアル描いた小説『蜜蜂と遠雷』(恩田陸著、幻冬舎刊)に登場する主要ピアノ作品を実際のコンクール覇者たちによる演奏で収録した決定盤ベスト。恩田陸氏が新たに選曲した“幻の4曲”収録に加え、書き下ろし短編小説も所収!ポリーニ、アルゲリッチ、アシュケナージ、ツィメルマン、内田光子、チョ・ソンジン・・・etc. 実際のコンクール覇者であり世界最高峰のピアニストの演奏で聴く

発売日:2017年10月25日
価格:2,500円(税込)
ユニバーサル・ミュージックのページで、2017/12/31までにご予約・ご購入いただいた方の中抽選で3名様に恩田陸さん & ラファウ・ブレハッチの直筆サイン色紙をプレゼントも。

ユニバーサル・ミュージック

幻冬舎「蜜蜂と遠雷」特設サイト