• ニュース

マレイ・ペライアのインタビュー Part2

・・・・インタビューPart1はこちら

Q:ベートーヴェンの生涯そのものについても、若い頃からお勉強されてきたのですか? 楽譜の分析だけではなく?
私がつねに興味を抱くのは、楽曲がどのようにして作曲されたのか、ということです。ベートーヴェンに限ったことではないのですよ。自分の探求は、ハーモニーをどう処理すべきか、音符がどのように進行し、まとまってゆくか、また緊張感はどのようにして生まれてくるか、などからはじまります。でも、そうやって分析してゆくうち、ベートーヴェンの場合、彼の人生がどんなものだったのかにも興味が湧き、また、彼が行った音楽研究そのものにも興味が膨らんでいきました。
ベートーヴェンは非常に幅広い勉強をした人です。彼はハイドン、アルブレヒツベルガーに就いていましたし、対位法に関して非常に高度な講義を受けていたのです。音楽家が学ばなければならないありとあらゆることを彼は勉強し、しかも、深く徹底的に身につけた。その点にもとても興味を覚えます。しかしながら、面白いのは、彼はむしろ社会的な意味で人生の達成感を得ていない・・・つまり、彼は一度も結婚しておらず、ご存知のように後半生は耳が聞こえず、周囲となじまずに孤立しているような人生だったわけですが、「音楽」では勝利をおさめた。彼の作った音楽は彼の人生の個人的・実際的な面とは対象的に、栄光に満たされています。

Q:ペライアさんにとって、この上なく興味をかき立てられる作曲家であるのですね。
そうです。とても惹かれます。

Q:他の3人はいかがですか? バッハ、シューベルト、モーツァルトですが。もちろん、彼らを簡略な言葉だけで語り尽くせるものではありませんが、あえて「生き方」を描写するとしたら?
やはりモーツァルトが、私にとっては「いつも、戻ってゆく場所」と言える作曲家ですね。彼の書く曲は、最初の音を弾いた瞬間に、それがどう、どこへ、巡ってゆくのかを想像させる。けれども音を出してみるまではまったくなにも想像できないようなところがあるのです。楽譜のページごと、段ごとに、目を通してみてはじめて、弾いてみてはじめて、「ああ、そうなっていたのか!」と発見させられる。このモーツァルトが作る「雰囲気(=mood)」に魅せられます。彼独特のデリカシーです。ここにも、いくつもの「意味」が隠れています・・・一見したところは、つきつめない、シンプルな感じに見えるのですけれどね。モーツァルト自身が用いた分析方法というのも、とても面白いものです。彼がイギリス人の作曲家、トーマス・アトウッドに言ったことは印象的です。多くの弟子を取って教えた作曲学、主に対位法の授業中に、モーツァルトは、音の一つ一つがどのように終結するかはいわずもがな非常に大切なことだという作曲の基礎を説明しつつ、自分の研究はまだ終わっていない、これからもずっとこの研究を続ける、と言ったそうです。
もうひとつモーツァルトに関して言えば、彼のオペラを見てみますと、そこには彼が器楽曲を書いたときに払ったのと同じ注力が働いていることがわかります。ピアノ曲を書くときにも、そこに、美しいオペラのように、人や暮らしを見渡す目線があるのですね。

Q:ペライアさんは、オペラもお好きなのですか?
はい、とても好きです。

Q:観客としてご覧になるのがお好きなのですか?
ええ、そうです。そもそも私が音楽に馴染むようになったのも、オペラ好きの父に手を引かれて、毎週土曜日に劇場に連れて行かれたことに端を発しています。オペラは私のインスピレーションです。

Q:お父様も音楽家だったのですか?
いいえ、違います。でもとても音楽好きでした。母のほうはあまり一緒に出かけたがらなかったので、3~4歳の頃、いつも、土曜日になると、父が私の手を引いて劇場に連れて行ってくれたのです。

Q:たとえば、どんなオペラがお好きですか?
もちろん、いちばんよく見たのはイタリア・オペラの主要作品でした。ヴェルディ、プッチーニ作品はすべて見ましたよ。そのなかに、ときどき、モーツァルトのオペラもあって、「素敵だ!」と感じていました。思えばあの体験が音楽への最初の架け橋でしたね。

Q:予期せず、ペライアさんとオペラのお話をすることになりまして、驚いていますが。
(笑う)

Q:しかし、オペラには当然、ヴォーカルのパートがあります。そんな「人の声」の素晴らしさを子供時代に体験したことが、後年のピアノ演奏に影響しているのでしょうか?
もちろんです、確信があります。素晴らしい歌手の声を聞くと、スリリングな興奮を味わいますね。テノールの声を思い起こしてください、当時は、ジャン・ピアース<米、1904~1984>、リチャード・タッカー<米、1913~1975>をはじめ、ああ、全員の名前が思い出せません・・・私ももう70歳なので・・・66年前のことですから!(笑)。とにかく、素晴らしい歌手たちがいました。ソプラノにも素晴らしい歌手たちがいました、レナータ・テバルディ、マリア、カラス、そしてジョーン・サザーランドも聴きました。

Q:3月にペライアさんのリサイタルを聴きにくるファンのなかには、オペラ好きの方々もきっといますので、いまのお話はとても楽しい話題になりそうです。

高橋美佐(取材・通訳)

・・・Part 3へ続く
----------------------------------------------------
静謐さと内なる情熱の音世界
マレイ・ペライア ピアノ・リサイタル
2018年3月23日(金)19:00 サントリーホール

詳しい公演情報はこちらから
  • ニュース

【新譜情報】イルジー・ビエロフラーヴェク指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 「スメタナ:連作交響詩《わが祖国》」(2018年2月14日発売)

イルジー・ビエロフラーヴェク指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
「スメタナ:連作交響詩《わが祖国》」

名匠ビエロフラーヴェク再び!
2017年5月に惜しくも亡くなったチェコの名匠ビエロフラーヴェク。デッカレーベルからはドヴォルザークの作品の数々がリリースされました。いずれも暖かみと優しさ溢れる豊かな響きをチェコ・フィルから導き出し、そのどれもが印象的な名盤です。その彼が得意としていた作品が母国の作曲家スメタナの大曲である交響詩《我が祖国》です。スメタナは、チェコ民族主義と密接に関係する国民楽派を発展させた先駆者であり、チェコにおいては、広く“チェコ音楽の祖”として愛されています。その彼の代表作《我が祖国》は、チェコの建物、風景、歴史的事象を題材にした、全6曲からなる壮大な作品で、特に第2曲の〈ヴァルタヴァ〉は日本では〈モルダウ〉としてコンサートで度々演奏されています。ビエロフラーヴェクは《我が祖国》を得意としており、日本のオーケストラに客演した際も取り上げていました。また本国チェコでは、5月に開催されるこの国最大の音楽祭「プラハの春」オープニングコンサートでも度々演奏しています。ビエロフラーヴェクの芸術の真髄が凝縮した同作品の名盤として、永くディスコグラフィに残ることでしょう。(メーカー資料より)

発売日:2018年2月14日
品番:UCCD-1461
価格:¥3,024 (税込)

収録内容:
スメタナ:連作交響詩《わが祖国》
1. 第1曲: ヴィシェフラド(高い城)
2. 第2曲: ヴルタヴァ(モルダウ)
3. 第3曲: シャルカ
4. 第4曲: ボヘミアの森と草原から
5. 第5曲: ターボル
6. 第6曲: ブラニーク

演奏:
イルジー・ビエロフラーヴェク(指揮)
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

詳細・購入:Universal Music Japan
  • ニュース

マレイ・ペライアのインタビュー Part1

2018年3月に日本でリサイタルを行うマレイ・ペライアにインタビューを行いました。来日プログラムや作曲家について、自身の深い解釈を語っています。3回にわたってお届けします。充実した内容ですので是非ご覧ください。

Q:ペライアさん!今日はお忙しい中、電話インタビューに応じていただき、ありがとうございます。そして、来年の3月、日本に来てくださることとなり、とても嬉しく思います。
私もです。

Q:今回もたいへん内容の豊かなプログラムを組んでくださいました。このインタビューでは4人の作曲家 - バッハ、シューベルト、モーツァルト、そしてベートーヴェンについて、それぞれ二つの観点からコメントしていただきたいのですが。まず、楽曲の音楽的な特徴。そこをペライアさんにあらかじめ教えていただくと、私たちは3月のリサイタル鑑賞にそなえ、一歩すすんだ気持ちの準備ができるので。そして、ペライアさん独自の、それぞれの曲との接し方を教えていただきたいのです。他の演奏者のパフォーマンスを聴く時とは違う深みを、私たちは期待しています。
はい、そうですね。できるだけみなさんにわかりやすくお話してみます。まず、曲の輪郭に関してですね。
今回最初に演奏するのはヨハン・ゼバスティアン・バッハの「フランス組曲」BWV817 ホ長調 の第6番です。「フランス組曲」の最後の曲になります。組曲のうちでもこれが最後の作品だと、私は解釈しています。アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳にはこの6番はたしか含まれていなかったかと・・・。いずれにせよ、一連の組曲作曲のあとに、書き足されたもので、とても明朗で楽しげな曲です。ただ、3曲目の「サラバンド」だけが、深く、重く、心に触れるような曲調ですね。全体は光にみちて愛らしさにあふれた連曲で、弾き手である私もいつも楽しみながら演奏します。

Q:つづいて、シューベルトの即興曲集ですが・・・
シューベルトのこの即興曲集Op.142, D.935 に関してシューマンがこのように言及しています:「私は3曲目は好きではない。が、他の曲をみた場合、ソナタとも呼べる構造になっている」と。また多くの人がこれと同じ指摘をしていますね・・・でも私の見解は多少違うんです・・・そもそもソナタではないのです。とくに1曲目は、皆が言うような「ソナタの発展形式」ではないと思います。けれども全体としてはとてもうまく進行します。4つの曲の表情はコントラストを描きだしており、1曲目は、現実から遠く離れた夢想のような、ゆっくりとした曲、2曲目は美しい歌。そしてシューマンが「好きではない。」と言った3曲目は、今日ではもっとも有名なパートで、しかも飛びぬけて美しいヴァリエーションをもっています。4曲目は、やや不思議な曲です、影のような、速いダンスのような曲で、どこかダークでミステリアスです。
シューベルトの次に弾くのは、モーツァルトの「ロンド」イ短調 K.511 ですけれど、これは深い深い曲。この曲については、過去何回も、弾くたびごとに、理解しようと努力を続けています。かなり判ってきたと思うのですが・・・これはモーツァルト晩年の作品です。すべての音符が他の音符との関わりをみせながら展開します。とても悲しい曲だと思うのですが、その表現は直接的ではありません。なにかを失った時の・・・とても愛していたものを失った時の心情ですが、そこにはむしろ、優しさ、いとおしみを感じます。主旋律、展開部を通して感じられるものは、そこだと思っています。

Q:そして最後にベートーヴェンを選んでくださいましたね。
ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 Op.111 ですが、このソナタは「別れ (=farewell)」の曲」です。彼は、これが最後の曲になると知っていたと思います。このソナタの後にも、彼は「バガテル」や「ディアベリ変奏曲」などのピアノ曲を書いてはいますが、「代表曲」と呼べるような仕事はそれ以前に終えて出版されていました。ですので、この第32番が最後のピアノ・ソナタ、つまり彼の最後の「意思の表明(=statement)」なのです。
曲の始まりはドラマティックです。暗い音がピークに至る瞬間には、こちらを震え上がらせるような響きを呈します。ところが2楽章ではそれは希望の光に変わります。ベートーヴェンは困難な状況を生き抜いた人です。そして彼はその命をまさに享受している・・・生きることを、神に感謝しているのです。この曲には彼のそんな魂が投影されています。彼の作品にはそういった深さをもつものがいくつかあり、このソナタもそれにあたります。

Q:まさにそこを伺いたかったのです。このピアノ・ソナタ第32番は、結果として最後のソナタになったのか、それともベートーヴェンは意図してこれを最後のピアノ・ソナタとしようとしていたのか。ペライアさんのお考えですと、つまり・・・
意図して最後の作品としたのです。私はそう信じます。ご存知かと思いますが、彼はこのとき、同時に3つのソナタを書いていました。この同時進行までは、おそらく偶然そうなったのだと思います。作品109、110、111ですね。彼が意図的に「これを最後にしよう。」と決めていたと証明する資料はありませんが、私はそう感じるのです。というか、おそらくは、それらの製作にかかる少し前から、もう、そう思っていたのではないか・・・自身の余命についても長くないことを予感したのではないか。そのような自分を鼓舞する様子が、楽譜のうちに感じ取れるのです。

Q:ある意味ではもう「満足」していたと思いますか? ソナタ作曲法に関する自分の仕事は、完遂された、と?
ええ、そう思っていたと思います。

Q:一般の聴衆の立場からしますと、しかし、芸術というたいへん奥の深い道のりのうえで、それがある特定の分野に限ったことであったとしても、「完成」そして「満足」という感覚を得ること自体がとてつもない境地に感じられるのですが・・・
ベートーヴェンの音楽そのものが、なにか、私たちの俗世より、ずっとずっと深い地点で展開しているもののように思うのです。命が提示するさまざまな疑問の、もっとも深いところを掘り下げようとしているような。また、生きている時代、時間にかかわるような。そうです、この曲はとても深く、音符が、布を織るときの糸のようですし、対話ならばそこで交わされる言葉のように、たったひとつもその流れからはみ出すことなく、関係しています。

高橋美佐(取材・通訳)

・・・Part 2へ続く
----------------------------------------------------
静謐さと内なる情熱の音世界
マレイ・ペライア ピアノ・リサイタル
2018年3月23日(金)19:00 サントリーホール

詳しい公演情報はこちらから
  • ニュース

【新譜情報】ナタリー・デセイ 「ビトウィーン・イエスタデイ・アンド・トゥモロー」(2017年12月27日発売)

ナタリー・デセイ
「ビトウィーン・イエスタデイ・アンド・トゥモロー~ある普通の女性の素晴らしい人生」

ミシェル・ルグラン生誕85周年特別企画・最新アルバム! アラン&マリリン・バーグマンによって書かれた歌詞にルグランが付曲し、一人の女性の誕生から死までを辿ってゆくストリーリーとして構成されています。子供時代、思春期、初恋、そして母となって成長していく人生を、ルグランならではの美しいメロディに彩られた歌で描いた、まさに現代のオラトリオともいえる作品です。もともとはルグランが1970年代に構想しながら未完に終わったプロジェクトで、デセイというミューズとの邂逅がルグランを刺激し、未完のままだったスコアを全面的に改訂し、歌詞も書き変えて全曲を完成させました。2013年にオペラ歌手としての活動から引退し、フランスやドイツ歌曲、あるいはミシェル・ルグランとの共演など、従来のオペラ歌手としての枠を超えた活動で大きな話題を呼んでいるこの類稀なる歌姫のチャーミングで個性溢れる魅力を存分に堪能いただけるニュー・アルバムです。 (メーカー資料より抜粋)

発売日:2017年12月27日
価格:¥2,700 (税込)

収録内容:
1. 誕生
2. 母と子
3. 母と子(間奏)
4. 風はどこから吹いてきたのでしょう?
5. 風はどこから吹いてきたのでしょう?(間奏)
6. 私を抱いて
7. その瞬間を教えてくれる?
8. おとぎ話と物語
9. 期せぬ微笑み
10. 予期せぬ微笑み(間奏)
11. あなたと一緒に
12. あなたと私、それにもう一人,
13. あなたと私、それにもう一人(間奏)
14. 母と子の三重奏
15. 待って
16. 待って(間奏)
17. 多く持てば持つほど
18. 昨日のリンゴ
19. ビトウィーン・イエスタデイ・アンド・トゥモロー(昨日と明日の狭間で)
20. 最後の息

詳細・購入:Sony Classical
      ローチケHMV
      タワーレコード
  • ニュース

高関健が静岡交響楽団のミュージック・アドヴァイザーに就任

この度、高関健が2018年4月1日から、静岡交響楽団のミュージック・アドヴァイザーに就任いたします。
任期は2018年4月1日~2021年3月31日です。高関は「楽団の果敢な挑戦をお手伝いできればと思う」と意気込みを語りました。静岡交響楽団は、今後、教育現場への参加や社会貢献も踏まえた成長プログラムと共に、静岡の音楽文化の発展に向けた活動を進めていきます。
現在、京都市交響楽団常任首席客演指揮者、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団常任指揮者、東京藝術大学音楽学部指揮科教授として藝大フィルハーモニア管弦楽団の首席指揮者を兼任しており、さらに2018年4月から新たに、仙台フィルハーモニー管弦楽団のレジデントコンダクター、静岡交響楽団ミュージック・アドヴァイザーを兼任いたします。
高関健の今後の活動に、どうぞご注目ください。

就任に関するお問合せ先
 NPO法人静岡交響楽団 TEL:054-203-6578

高関健のプロフィールなどの詳細は、下記URLをご参照ください。
 ⇒ http://www.japanarts.co.jp/artist/KenTAKASEKI