• ニュース

木嶋真優のインタビュー ~リサイタルに向けて~

2018年2月にヴァイオリン・リサイタルを行う木嶋真優のインタビュー是非ご覧ください。第1回上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクールでの優勝、おめでとうございます。
ありがとうございます。でも、もう1年も前のことになってしまいましたけれど(笑)

しばらくコンクールからは離れていらしたように思うのですが、今回、改めてコンクールを受ける気持になったのは?
自分を一度リセットして、音楽に集中したいなと思ったからです。これまでのコンクールでも、コンクールという点がつけられるある意味競争の場で音楽以外の不必要な事を考えてしまったり、うまく行かないことがありました。そうではなくて、本当に真剣に音楽に向き合ってコンクールを受けてみたいと思ったからです。同時に、このコンクールが第1回目ということも良かったと思います。これまでの優勝者などのことを考えてなくても良いし、まだ色がついていない感じもして。

コンクール期間中はどんな風に過ごしたのですか?
本当に、ホテルとコンクール会場の往復だけで、ホテルに籠ってひたすら練習をしているという感じでした。実は、音楽に集中したい時には、よくそういうことをやっていたのです。ヨーロッパではコルシカ島に出かけて、ホテルに缶詰になって、音楽に集中するとか、日本でもそうすることがあります。

コンクールのファイナルでは、何を演奏されたのですか?
ショスタコーヴィチの第1番の協奏曲でした。それに取り組んでいる間に、あ、この曲はプロコフィエフのヴァイオリン・ソナタの第1番と、精神的に似ているものを感じたのです。そこで、来年のリサイタルにプロコフィエフの第1番のソナタを入れることにしました。プロコフィエフの第1番もしばらく遠ざかっていて、久しぶりに取り上げることになります。アイザック・スターン氏との関わりもあったのでは?
そうなんです。宮崎国際音楽祭のマスタークラスで、何度かレッスンをして頂きました。そのことをコンクールの後に主催者の方に話したら、とても喜んで頂いて、アイザック・スターンの息子であるマイケル・スターンさんと今年10月に約一ヶ月に渡るアメリカ各地でのコンサート・ツアーで共演しました。

来年のリサイタルのプログラムは、とても楽しみなラインナップですね。
私が昔から演奏してきたヴィターリの『シャコンヌ』に始まり、バルトーク、スメタナ、ラフマニノフ、プロコフィエフというラインナップですね。

日本人の作曲家、平井真美子さんの「マゼンタ・スタリオン」が世界初演されるのも注目ですね。平井さんと出会ったきっかけは?
アメリカのワシントンで去年から桜まつりというプロジェクトに関わらせて頂いて、毎年違う作曲家の方に新曲を委嘱するというプロジェクトなのですが、平井さんとは今年そこで出会いました。

面白いタイトルの作品ですね。
これは、平井さんが私に会ったときの印象をそのまま言葉にしたものだそうです。曲を形にしていく創作過程で、共に長い時間を過ごした中で、彼女が私を見て感じたイメージがマゼンタ・スタリオン(紅紫色の雄馬)だったそうで、そのタイトルで作品を書いて頂くことになったのです。委嘱作の世界初演ということで、聴くのが楽しみです。ありがとうございました。

インタビュアー:片桐卓也(音楽ライター)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
凛とした気品と風格。旬のヴィルトゥオーゾの現在を聴く。
木嶋真優 ヴァイオリン・リサイタル
2018年2月2日(金) 19:00開演 紀尾井ホール
公演詳細はこちらから
  • ニュース

【掲載情報】長谷川陽子「クラシカ・ジャパン」

12月2日浜離宮朝日ホールでチェロ・リサイタルを行う長谷川陽子。「クラシカ・ジャパン」にインタビュー動画が掲載されました!音楽との出会いやフィンランド留学のお話、リサイタルの聴きどころなど盛りだくさん。是非ご覧ください!
「クラシカ・ジャパン」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Con Brio~豊穣の響き、ショパンとミャスコフスキー~
長谷川陽子 <デビュー30周年記念>チェロの個展2017
2017年12月2日(土) 18:00開演 浜離宮朝日ホール
公演詳細はこちらから
  • ニュース

【2017年11月・12月】チケット発売情報

間もなく以下のコンサート・チケットが発売されます。
ぜひお見逃しなく!

■夢倶楽部WEB 11月18日(土)・夢倶楽部TEL 11月19日(日)
 ジャパン・アーツぴあネット会員 11月23日(木)・一般発売 11月25日(土)

 滝千春 ヴァイオリン・リサイタル
 鈴木優人チェンバロ・リサイタル
 レ・ヴァン・フランセ ~協奏交響曲の夕べ
 仲道郁代ピアノ・リサイタル

■夢倶楽部WEB 11月25日(土)・夢倶楽部TEL 11月26日(日)
 ジャパン・アーツぴあネット会員 11月30日(木)・一般発売 12月2日(土)

 東日本大震災 復興支援 チャリティコンサート ~クラシック・エイドVol.8~
 アンドレス・オロスコ=エスコラーダ(音楽監督・指揮) フランクフルト放送交響楽団
 ロシア・ナショナル管弦楽団 ミハイル・プレトニョフ(創設者/音楽監督)
  • ニュース

2017年11月~2018年12月の豪華ラインナップチラシが完成いたしました!!

2017年11月~2018年12月までの豪華ラインナップ公演一覧のチラシが完成いたしました。
公演情報は随時更新いたしますので是非ホームページをチェックして下さい!!

画像をクリックするとPDFでご覧頂けます

  • ニュース

ピアニストの小川典子が、英国ギルドホール音楽院よりフェローの称号を授与されました

この度、弊社所属のピアニスト 小川典子が、英国ギルドホール音楽院よりフェローの称号を授与されました!英国の教育機関が出せる最高位の称号で英国教育機関から日本人に、この称号が与えられるのはとても稀で名誉なことです。
小川は、2007年より英国ギルドホール音楽院で教授として指導にあたり若手音楽家の育成に貢献、同校で教鞭を取るだけでなく東京音楽大学の短期交換留学カリキュラム、ピアノ・デュオ プロジェクト、自閉症児とその家族のための「ジェイミーのコンサート」学術研究発表を発案し導入、成功させるなど先駆的な活動が高く評価され、ギルドホール音楽院とロンドン市から満場一致で授与が承認されました。
さらに、今年デビュー30周年を迎え、2018年に開催される第10回浜松国際ピアノコンクール審査員長に就任するなど国内外で実力と実績を広く認められております。

今後の活躍にも、ぜひご注目ください。

小川典子プロフィール
 ⇒ http://www.japanarts.co.jp/artist/NorikoOGAWA

※英国ギルドホール音楽院…1880年設立の英国ロンドン市立の名門学校。個性的で斬新な音楽教育プログラムを提供し、これまでに数多くのオペラ歌手やピアニストなどを輩出。