バースデー・コンサート 4つの委嘱作品・初演 ~彼のための音楽を彼が弾く~

舘野泉 ピアノ・リサイタル

日時・場所:
2018年11月9日(金) 19:00
東京文化会館 小ホール
7:00p.m. Friday, November 9
Tokyo Bunka Kaikan Recital Hall
出演:
舘野泉 Izumi Tateno (ピアノ, Piano)
ニュース:
読売新聞夕刊「流儀」の連載が始まります!(全4回)(2018年6月)

掲載情報:「現代ビジネス」(2018年6月)

【新刊情報】舘野泉 左手のピアノ・シリーズ(2018年5月)

曲目・演目

一柳 慧:FANTASIA 左手のために ♪

ルネ・シュタール:ピアノ・ソナタ ♪

coba:委嘱作品 ♪

吉松隆:金魚によせる2つの雨の歌 ♪



♪ 舘野泉に捧げる/「舘野泉左手の文庫(募金)」助成作品

公演に寄せて

作曲家からのメッセージ

舘野さんが現在行っておられる音楽活動は、貴重な芸術活動であると同時に、社会貢献としても大きな意義を担っておられると思います。それは何らかの障害のために、左手しか使えなくなったピアニスト達が、将来にわたって日本にも世界にも少なからず存在するであろうことが考えられるからです。その人達がピアニストとしての将来の人生を断念するのではなく、継続して行なっていける道筋を、演奏活動と多くの作曲委嘱によってつくり上げた舘野さんの存在は、大きな救いとなって、今、私達の目前で展開されています。作曲家として作品を創るだけでなく、その行為の一貫に参加出来る機会を与えて下さった事に対して、心からの感謝の意を表したいと思います。  一柳 慧


半世紀も前、シベリウス・アカデミーの生徒だった若き日の私が出会った、あなたの創造と刺激に満ちたピアノスタイルは、今なお色褪せることなく、私の作曲活動に影響を与え続けています。
劇的な再会を果たし、2年前のあなたの「80歳誕生日記念公演」において、左手のためのピアノ協奏曲を書く機会を得られたことは、私にとって大変光栄なことでした。
その想いが、この度ピアノ・ソナタという大曲に挑む決心をさせたのです。
あなたのますます充実した活躍とともに、これまであなたが築いてこられた、圧倒的な数の、秀でた「左手のためのピアノ曲」への道が続くことを、心から願っています。  ルネ・シュタール


舘野泉さんという人はポップと混沌が共存する存在。物静かに見えて、恐ろしい執念と不屈の魂の塊です。天からの才能に加えて、努力を惜しまぬ闘志、子供のような探究心と抜群の選球眼。ご自身を彩る確かなプロデューサー視点も冴え渡っています。
その或る意味ゴリゴリにエレガントな生き方をどう掴み、どうやって曲に反映させるかが、委嘱作品を依頼される側の使命だと心得ます。
舘野さんならではの人を引き込む魅力的な笑顔は、深い苦悩から滲み出る、優しさの象徴です。
僕たちに凄まじく勇気と力を与えてくれる偉大な先輩に心から感謝します。  coba


六十代の作曲家はこのところすっかり老い枯れ果てているのだが、八十代のピア二ストは「何か書いてください」という注文のあと「色っぽいやつをお願いします!」と言う(笑)。確かに、様々なものへの「色気」のある限り、人は老いず、時間の流れから自由になれるのだろう。ただ、舘野さんの場合は、ピアノの周りの時空に何かの魔法がかけられたような不思議な歪みがあって、時の流れる早さが違うような気がしてならない。だから音楽への夢が、時を超えてどこまでも色っぽいのだ。・・・たぶん。  吉松隆

チケット詳細

【チケット残席状況】◯残席あり/△残席少/×売り切れ
公演日 S席 - - - - - -
11月9日 - - - - - -
学生席 - - - - - -
  • 公演日
    11月9日
  • S席
  • 公演日
    学生席
  • S席
【チケット料金】()内は夢倶楽部会員価格
S席:6,000円(5,400円)
学生席
S席:3,000円
【備考】
*残券がある場合、9/1(土)10:00より受付を開始いたします。
*社会人学生を除く25歳までの学生が対象です。公演当日、入口にて学生証を拝見いたします。
 (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴する場合がございます。)
 ジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席は一般価格の半額です。

シニア・チケット=65歳以上の方は会員料金でお求めいただけます。
車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
学生席・シニアチケット購入

チケット発売情報

① 5月26日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 
② 5月27日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 
③ 5月31日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 
④ 6月2日(土) 10:00a.m.~発売 一般   


… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード114-916]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407 [Lコード32884]

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

プロフィール

舘野泉 Izumi Tateno (ピアノ, Piano)
クラシック界のレジェンド。今年11月10日に82歳をむかえる。領域に捉われず、分野にこだわらず、常に新鮮な視点で演奏芸術の可能性を広げ、不動の地位を築いた。人間味に溢れ、豊かな叙情をたたえる演奏は、世界中の幅広い層の聴衆から熱い支持を得て、深く愛され続ける。ピュアで透明な旋律を紡ぎだす、この孤高の鍵盤詩人は、2002年に脳溢血で倒れ右半身不随となるも、しなやかにその運命を受けとめ、「左手のピアニスト」として活動を再開。尽きることのない情熱を、一層音楽の探求に傾け、独自のジャンルを切り開いた。“舘野泉の左手”のために捧げられた作品は、10ヶ国の作曲家により、90曲に及ぶ。命の水脈を辿るように取り組んだ作品は、ただそこにある音楽だけが聴くものの心に忘れがたい刻印を残す。80歳の傘寿記念公演では2つの委嘱作品に加えて左手作品の最高峰ラヴェルとヒンデミットの4つのピアノ協奏曲を一気に演奏し満場の喝采を浴びた。もはや「左手」のことわりなど必要ない、身体を超える境地に至った「真の巨匠」の風格は、揺るぎない信念とひたむきな姿がもたらす、最大の魅力である。

舘野泉 オフィシャル・ホームページ:http://www.izumi-tateno.com

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ
後援:フィンランド大使館
協力:舘野泉ファンクラブ