静謐さと内なる情熱の音世界

マレイ・ペライア ピアノ・リサイタル

日時・場所:
2018年3月23日(金) 19:00
サントリーホール
7:00p.m. Friday, March 23
Suntory Hall
出演:
マレイ・ペライア Murray Perahia(ピアノ, Piano)
ニュース:
【学生の皆様にお得なニュース】
本公演は学生対象の割引が学生席学生間近割の2種類ございます。発売時期、料金等の詳細は、下記チケット詳細欄からご覧下さい。

曲目・演目

J.S.バッハ:フランス組曲 第6番 ホ長調 BWV817

シューベルト:即興曲集 Op. 142, D. 935
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
W.A.モーツァルト:ロンド イ短調 K. 511

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 Op. 111

公演に寄せて

マレイ・ペライアの「いま」を100パーセント堪能できるプログラムで、彼の巨匠性を存分に味わう

 マレイ・ペライアの初来日は1976年。以後15年間来日がとだえ、再び日本に姿を見せたのは1991年のこと。このときの巨匠性と名技性に富んだ輝かしい演奏は、いまだ心に強い印象を残している。ペライアの演奏は、常に深い余韻を残す。何日経っても、その感動が心の奥に残り、印象が薄れないのである。
 前回の来日では、J. S. バッハのイギリス組曲第3番で幕開けした。これは1990年以降約4年間、指の故障でピアノがまったく弾けなかった彼が、心のよりどころとし、研究に没頭した大切な作品である。ペライアは故障が癒えた後、録音でもこの組曲を取り上げている。
 多くのピアニストはバッハを演奏するとき、古楽器の響きを強く意識するものだが、ペライアは逆に現代のピアノの響きを存分に生かし、ペダルも多用して楽器全体を豊かに鳴らす。今回は、フランス組曲第6番でその特有のバッハ観を存分に披露する。
 ペライアはレパートリーを広げる際、自己のペースを守り、けっして無理はしない。いまの自分に合う作品だけを選び、完璧な形でステージに乗せる。今回はシューベルトとモーツァルトとベートーヴェンが組まれているが、これらは楽譜を徹底して読み込み、版の研究を行い、ひとつひとつの音を完璧に自分のものにしてプログラム構成を行ったもの。各々の作品にはペライアの現在が映し出されている。アカデミー室内管弦楽団の首席指揮者を務めるようになったペライアは、「スコアの読み方が深くなり、視野も広がった」と語る。
 バッハではペライアの深い精神性に根差した演奏を聴くことができ、シューベルトでは抒情性と歌心あふれるピアニズムが心に響き、モーツァルトではかろやかに躍動するリズムが堪能でき、最後は巨匠となったペライアの深遠で劇的で壮大なベートーヴェンに浸ることができる。なんとぜいたくなプログラムだろうか。ペライアの「いま」を100パーセント味わうことが可能だ。またもや何日経ってもその感動の泉は枯れることがないのでは…

伊熊よし子(音楽評論家)

チケット詳細

【チケット残席状況】◯残席あり/△残席少/×売り切れ
公演日 S席 A席 B席 C席 - - -
3月23日 - - -
学生席/学生間近割 - - -
  • 公演日
    3月23日
  • S席
  • A席
  • B席
  • C席
  • 公演日
    学生席/学生間近割
  • S席
  • A席
  • B席
  • C席
【チケット料金】()内は夢倶楽部会員価格
S席:13,000円(12,000円)/A席:10,000円(9,000円)/B席:8,000円(7,200円)/C席:6,000円(5,400円)
学生席/学生間近割
S席:6,500円(6,500円)/A席:5,000円(5,000円)/B席:4,000円(4,000円)/C席:3,000円(3,000円)
【備考】
◆学生席は座席の指定が可能です。
*残券がある場合、1/23(火)10:00より受付を開始いたします。

◆学生間近割は一律3,500円/引換え券制・座席の指定はできません
*残席がある場合に限り、公演2週間程度前に受付を開始します。
*実施する場合はジャパン・アーツ ホームページ上で発売日時と受付URLをお知らせいたします。

社会人学生を除く公演当日25歳までの学生が対象です。公演当日、入口または窓口にて学生証を拝見いたします。
 (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴いたします。)
 ジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席、学生間近割は上記金額です。

シニア・チケット=65歳以上の方はS席とA席を会員料金でお求めいただけます。
車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
学生席・シニアチケット購入


チケット発売情報

① 10月7日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 
② 10月8日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 
③ 10月12日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 
④ 10月14日(土) 10:00a.m.~発売 一般   


… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード340-730]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407[Lコード33782]
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

全国公演日程

日程 ホール お問い合わせ先 詳細リンク
3月21日(水・祝) 彩の国さいたま芸術劇場 SAFチケットセンター 0570-064-939  
3月25日(日) 水戸芸術館 水戸芸術館チケット予約センター 029-231-8000  
  • 日程
    3月21日(水・祝)
  • ホール
    彩の国さいたま芸術劇場
  • お問い合わせ先
    SAFチケットセンター 0570-064-939
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    3月25日(日)
  • ホール
    水戸芸術館
  • お問い合わせ先
    水戸芸術館チケット予約センター 029-231-8000
  • 詳細リンク
     

プロフィール

マレイ・ペライア Murray Perahia(ピアノ, Piano)
 コンサート・ステージで40年以上ものキャリアを積み重ねてきたアメリカ人ピアニスト、マレイ・ペライアは、現在最も聴衆から愛されるピアニストの一人である。あらゆる一流オーケストラと共演し、世界の主要な音楽シーンにその姿があると言っても過言ではない。アカデミー室内管弦楽団(ASMF)の首席客演指揮者を務め、同楽団と共に指揮者兼ピアニストとして欧米、アジアで活発に公演を行っている。
 4才でピアノを始め、後に指揮と作曲も学ぶ。数年の夏を過ごしたマールボロ音楽祭では、R. ゼルキン、カザルス、ブダペスト弦楽四重奏団のメンバーらと共演、時を同じくしてホルショフスキの薫陶を受けた。さらに後年にはホロヴィッツと親交を深め、彼の視点と人間性はペライアにとって現在に至るまで創造力の源ともなっている。1972年のリーズ国際ピアノ・コンクールに優勝。1973年にデビューしたオールドバラ音楽祭でブリテンやピアーズらと親密に交流し、ピアーズの歌曲リサイタルでは何度も伴奏を務めたほか、1981年から1989年までは同音楽祭の共同芸術監督を務めた。
 2017/2018シーズンは、アカデミー室内管弦楽団とのヨーロッパ・ツアーにおいて、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲を演奏[指揮&ピアノ]。また世界の主要都市でのリサイタルが予定されている。
  さらに、幅広く多彩なディスコグラフィを誇り、2016年10月には、大いなる期待が寄せられる中、バッハの《フランス組曲》がリリースされた。これはドイツ・グラモフォンによるペライアの初のアルバムである。ソニー・クラシカルからは、過去40年間のペライアの全てのCDにDVDを加えたボックス・セット「ペライア・ボックス(The First 40 Years)」がリリースされている。2011年に英グラモフォン賞に輝いたブラームス《ヘンデルの主題による変奏曲》は、「現在手に入るブラームス演奏の中で、最も価値のあるものの一つ」と高い評価を得ている。これまでのピアノ・ソロ曲のCDとしては、5枚組のCDセットになったショパンの作品集、バッハのパルティータ1,5,6番、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ作品14,26,28などがある。ショパンの練習曲全曲とバッハのイギリス組曲1,3,6番の録音でグラミー賞を2度受賞。またグラモフォン賞も、2012年に創設された特別賞(ピアノ・アワード)などを受賞している。
 近年は、ヘンレ原典版のベートーヴェン「ピアノ・ソナタ」全集の校訂という壮大なプロジェクトに取り組んでいる。また近年になり発見された伝説的ピアニスト、アルフレッド・コルトーによるマスター・クラスの膨大な録音をペライアが編集・プロデュースしたCDセット「コルトーのマスター・クラス」がソニーからリリースされ絶賛されている。
  現在、英国王立音楽院の名誉評議員を務めるほか、ジュリアード音楽院、オックスフォード大学、英国王立音楽大学、リーズ大学、デューク大学から名誉博士号を、2004年には顕著な音楽的貢献を認められ、英国女王から大英勲章第2位を授与された。

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ
協力:ユニバーサル ミュージック