注目の演奏家たちが紡ぐ“輝きと調和”の瞬間

ニコライ・ホジャイノフ with 若き日本の俊英たち

曲目・演目

ショパン:バラード第1番 ト短調 作品23
    :ノクターン第7番 嬰ハ短調 作品27-1
    :ノクターン第13番 ハ短調 作品48-1
    :ポロネーズ第6番「英雄」変イ長調 作品53

リスト :スペイン狂詩曲 作品254

チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 作品50「偉大な芸術家の思い出」

公演に寄せて

ホジャイノフがやってくる!

アフタヌーンコンサート2017下期は「若き才能のきらめき」と題し、注目の若き演奏者が登場する。第二回の今回はロシア人ピアニストのニコライ・ホジャイノフ(25歳)。2012年の初来日からすでに何度も日本を訪れ、そのレパートリーもベートヴェンからシューベルト、ショパン、リスト、ラヴェル、チャイコフスキー、ラフマニノフ、プロコフィエフ、ストラヴィンスキーなど幅広く、シドニー交響楽団、ワルシャワ・フィル、読売日本交響楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演も数多い。
2010年のショパン・コンクールで18歳とは思えぬ成熟した繊細な芸術性がショパンの音楽の素晴らしき解釈者として賞賛されたホジャイノフの芸術性が、今回どのように披露されるかが楽しみである。なお、ホジャイノフは日本語のブログもあるほどの日本通であり、この度の来日もとても楽しみにしており、大好きな日本でのコンサートに気合が入っているようだ。
後半には日本を代表する若手奏者二人が加わり、チャイコフスキーの「偉大な芸術家の思い出」が演奏される。ヴァイオリンの山根一仁は1995年生まれ。現在ミュンヘン音楽大学にて研鑽を積んでいるが、すでに数々の音楽賞を受賞し、国内外のオーケストラとの共演も多い。伊藤悠貴も1989年生まれで、名門フィルハーモニア管弦楽団定期公演にてメジャーデビュー。アシュケナージなど著名アーティストとの共演も多く、注目のチェリストの一人である。この20代の三人によって表現されるチャイコフスキーの名作ピアノ三重奏曲、どのような火花を散らす演奏となるか。乞うご期待!

チケット詳細

【チケット残席状況】◯残席あり/△残席少/×売り切れ
公演日 S席 - - - - - -
11月2日 ※全席指定 - - - - - -
  • 公演日
    11月2日 ※全席指定
  • S席
【チケット料金】()内は夢倶楽部会員価格
S席:4,800円(4,300円)
【備考】
シニア・チケット=65歳以上の方は会員料金でお求めいただけます。
車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
学生席・シニアチケット購入

チケット発売情報

① 6月24日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 
② 6月25日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 
③ 6月29日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 
④ 7月2日(日) 10:00a.m.~発売 一般   


… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード334-205]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407〔Lコード34309〕

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

プロフィール

ニコライ・ホジャイノフ Nikolay Khozyainov (ピアノ, Piano)
1992年、ロシア・ブラゴヴェシェンスク生まれ。5歳でピアノを始める。
モスクワ音楽院にてユーリー・リシチェンコ、ミハイル・ヴォスクレセンスキーに師事。現在はハノーファー音楽大学でアリー・ヴァルディ教授の下、上級学位の取得を目指している。
これまでに、2003年「ピアノ・ヴィルトゥオーゾ」国際コンクール優勝および特別賞、2004年第9回カルル・フィルチ国際ピアノ・コンクール優勝、2008年スクリヤービン国際ピアノ・コンクール優勝、若い音楽家のための第6回ショパン国際ピアノ・コンクール(モスクワ)第2位および特別賞受賞。2010年第16回ショパン国際ピアノ・コンクールのファイナリスト。2012年ダブリン国際ピアノ・コンクール優勝、シドニー国際ピアノ・コンクールにおいて2位および聴衆賞を受賞。共演したシドニー交響楽団メンバー選出の最優秀協奏曲賞、最優秀リスト演奏賞、最優秀シューベルト演奏賞、最優秀ヴィルトーゾ研究賞を受賞、最年少ファイナリストにも選ばれた。
ロシア国内の主要都市のほか、ポーランド、ルーマニア、ハンガリー、チェコ、マレーシア、南アフリカ、オーストラリア、ドイツ、スイス、フランス、イタリア、アメリカ合衆国、日本など国内外でリサイタルを開催。これまでシドニー交響楽団、ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団、読売日本交響楽団、東京交響楽団、京都市交響楽団、札幌交響楽団、山形交響楽団などと共演。
CDは 2011年にCD Accordよりショパンとリストの作品を収めたアルバム、2012年にショパン・インスティテュートよりショパン作品集、同年10月にJVCビクターよりベートーヴェン、ショパン作品などのアルバム、2014年にはリスト ピアノ・ソナタを収録したアルバムなども多数リリースしており、洗練された技巧と深い芸術性が高く評価されている。
山根 一仁 Kazuhito Yamane (ヴァイオリン, Violin)
1995年生まれ。2010年、中学校3年在学中に第79回日本音楽コンクール第1位、レウカディア賞、黒柳賞、鷲見賞、岩谷賞(聴衆賞)、増沢賞など5つの副賞を受賞。桐朋女子高等学校音楽科に全額免除特待生として迎えられ、2014年首席にて卒業。
これまでにバーミンガム市響、プラハカメラータ、N響、都響、日フィル、東響、札響、京響、アンサンブル金沢、名古屋フィル、大阪フィル等国内外のオーケストラと共演を重ねる。2011年第60回横浜文化賞文化芸術奨励賞最年少受賞。2015年青山音楽賞新人賞、第26回出光音楽賞受賞。第43回江副記念財団奨学生。
現在、ドイツ国立ミュンヘン音楽大学に在籍。クリストフ・ポッペン氏のもと、さらに研鑽を積む。
伊藤 悠貴 Yuki Ito (チェロ, Cello)
15歳で渡英。21歳でブラームス国際コンクールおよび、英国の最高峰ウィンザー祝祭国際弦楽コンクールで日本人初優勝、現在最も注目を集める若手チェリストの一人。名門フィルハーモニア管弦楽団定期公演にてメジャーデビュー、国内外主要オーケストラ、V.アシュケナージ、D.ゲリンガスらと共演。2016年には宮沢賢治生誕120年記念NHK全国放映リサイタルを開催、100年記念はヨーヨー・マが行った大役を担った。1,000人以上を動員するソロリサイタルも多く、ロンドンを拠点に世界各国から公演に招かれるなど国際舞台での活躍を続けている。デビュー盤『ラフマニノフ:チェロ作品全集』は英米日メジャーメディアより絶賛を博した。2015年英国王立音楽大学首席卒業。
オフィシャル・ホームページ: www.yukiitocello.com

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ