艶やかさの中に溢れる精緻な気品

ユリア・フィッシャー ヴァイオリン・リサイタル

日時・場所:
2016年10月15日(土) 14:00
東京オペラシティ コンサートホール
2:00p.m. Saturday, October 15
Tokyo Opera City Concert Hall
出演:
ユリア・フィッシャー Julia Fischer (ヴァイオリン, Violin)
マルティン・ヘルムヒェン Martin Helmchen (ピアノ, Piano)
ニュース:
【曲目追加のお知らせ】(10/13)演奏者の希望により「シューベルトのヴァイオリンとピアノのためのソナチネ第3番」が追加となりました。曲目順の詳細はこちらからご確認ください。
ユリア・フィッシャー 曲目解説をご覧いただけます。(2016年10月)
ユリア・フィッシャー 来日直前インタビュー(2016年9月)
ベルリン・コンツェルトハウス管のシーズンオープニング公演に登場!(2016年9月)

曲目・演目

【曲目追加のお知らせ】(2016年10月)
演奏者の希望により「シューベルトのヴァイオリンとピアノのためのソナチネ第3番」が追加となりました。


ドヴォルザーク:ソナチネ Op.100

シューベルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ 第3番 D.408

------------------------------------------------
シューベルト:ソナチネ第1番 D384

ブラームス: ソナタ 第3番 Op.108

公演に寄せて

あのユリア・フィッシャーが帰ってくる。リサイタルが実現する!

今をときめく名伯楽、アナ・チュマチェンコ門下。6歳でコンクールに初出場、15歳時の1999年にはアムステルダム・コンセルトヘボウでのリサイタル演奏が絶讃されるなど、当時からヨーロッパでは「天才美少女」として大変な話題だった。共演者リストを見ると、メニューイン、マゼール、エッシェンバッハ、ブロムシュテット、シノーポリなどそうそうたる名が並んでいる。オーケストラ名もバイエルン放送響、ニューヨーク・フィル、シカゴ響、フィルハーモニア管、チューリヒ・トーンハレ管、ゲヴァントハウス管ほかメジャー団体多数。師を同じくする名手には、バティアシヴィリやアラベラ・美歩・シュタインバッハーがいる。
 2003年11月(もう13年も前)、彼女の初来日時の演奏は、マゼール指揮、バイエルン放送交響楽団に同行したブラームスの協奏曲だった。翌04年4月のリサイタルは、シューベルト「デュオ」D. 574 、ドビュッシー、シューマン(第2番ニ短調)と、ソナタを3曲並べた難しいプロ。前後していくつかのCDがリリースされ、曲もパガニーニ「カプリース」全曲やサラサーテ作品ばかり13曲を演奏したものなど、とにかく意欲的だった。
そのユリアも、06年と09年の来日リサイタルはいずれも直前に中止。日本ではなかなか実演が聴けない" 幻の人気アーティスト" になりかけていた。過去二度の実演を聴いて「まだそうとう" 伸びシロ" がありそう」と感じられたので、今度こそ、の思いが強い。
今回は共演ピアニストが、NHK交響楽団定期でブラームスの協奏曲第2番を披露したことのあるマルティン・ヘルムヒェン。フィッシャーより2歳ほど年上のベルリン生まれ。今やドイツ・ピアノ界を背負う中堅だ。曲は前半がドヴォルザークとシューベルトの親しみやすい(易しいというのとはちがう)ソナチネ、後半はブラームスのソナタ3番が予定されている。あの天才少女は、今どのような音楽家になっているだろう―。

渡辺和彦 (音楽評論家)

チケット詳細

【チケット残席状況】◯残席あり/△残席少/×売り切れ
公演日 S席 A席 B席 C席 - - -
10月15日 - - -
学生席 - - -
  • 公演日
    10月15日
  • S席
  • A席
  • B席
  • C席
  • 公演日
    学生席
  • S席
  • A席
  • B席
  • C席
【チケット料金】()内は夢倶楽部会員価格
S席:6,400円(5,800円)/A席:5,400円(4,800円)/B席:4,300円(3,800円)/C席:3,200円(2,900円)
学生席
S席:3,200円(3,200円)/A席:2,700円(2,700円)/B席:2,150円(2,150円)/C席:1,600円(1,600円)
【備考】
学生割引(各ランクの半額)
*残券がある場合7/1(金)10:00より受付を開始いたします。
*社会人学生を除く25歳までの学生が対象です。公演当日、入口にて学生証を拝見いたします。
 (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴する場合がございます。)
 ジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席は一般価格の半額です。

シニア・チケット=65歳以上の方は、S席とA席を会員料金でお求めいただけます。
車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
学生席・シニアチケット購入

チケット発売情報

① 5月14日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 
② 5月15日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 
③ 5月19日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 
④ 5月22日(日) 10:00a.m.~発売 一般   


… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード296-548]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407〔Lコード34488〕
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

全国公演日程

日程 ホール お問い合わせ先 詳細リンク
10月15日(土) 東京オペラシティ コンサートホール ジャパン・アーツぴあ03-5774-3040  
10月16日(日) トッパンホール トッパンホールチケットセンター03-5840-2222 詳細ページ
  • 日程
    10月15日(土)
  • ホール
    東京オペラシティ コンサートホール
  • お問い合わせ先
    ジャパン・アーツぴあ03-5774-3040
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    10月16日(日)
  • ホール
    トッパンホール
  • お問い合わせ先
    トッパンホールチケットセンター03-5840-2222
  • 詳細リンク
    詳細ページ

プロフィール

ユリア・フィッシャー Julia Fischer (ヴァイオリン, Violin)
 ユリア・フィッシャーは、類稀な才能の持ち主であり、他に例を見ない天才アーティストとして世界的に知られている。ミュンヘン生まれ。3歳でヴァイオリンを習い始め、その後間もなくピアノも習い始めた。ミュンヘン音楽大学でアナ・チュマチェンコに師事。弱冠11歳にしてユーディ・メニューイン国際ヴァイオリン・コンクールで優勝した。
この時より、フィッシャーは世界から熱く注目される存在となった。
 最近のシーズンでは、ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、ゲヴァントハウス管、サンクトペテルブルク・フィル等と共演。指揮者では、ブロムシュテット、マゼール、サロネン、テミルカーノフ等の巨匠たちと共演している。
また、室内楽やリサイタルにおいても、活発な活動を展開している。ユリア・フィッシャー弦楽四重奏団による欧州各地の公演のほか、BBCプロムス、ザルツブルク・イースター音楽祭、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭等各地の音楽祭に登場し、ベルリン・コンツェルトハウス、ドレスデン・フィルハーモニーにおいて、相次いでアーティスト・イン・レジデンスを務めた他、ウィグモア・ホールでフィッシャーによるコンサート・シリーズが企画された。
 主な受賞として、2007年の「グラモフォン賞」(年間最優秀アーティスト)、2009年の「ミデム・クラシカル賞」(年間最優秀器楽奏者)等がある。
 また、ユリア・フィッシャーは、継続してピアノの研鑽も積んでいる。2008年元日には、フランクフルトで、ピンチャー指揮ユンゲ・ドイチェ・フィルとの共演で、グリーグのピアノ協奏曲を演奏した。この演奏会では(ヴァイオリンのソリストとして)、サン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番も演奏した。この演奏会は、2010年9月にデッカ・レーベルからDVDとしてリリースされた。
マルティン・ヘルムヒェン Martin Helmchen (ピアノ, Piano)
「ヘルムヒェンは上品な雰囲気と上品な音色を持っており、彼の創り出す音楽は、ギリシャ神殿のように優雅で美しい・・・」(2014年12月14日、ニューヨーク・タイムズ、ザチャリー・ウルフ)

 マルティン・ヘルムヒェンは卓越した名手であり、世界の音楽界で躍進著しいピアニストである。
ベルリンでガーリーナ・イワンゾワに師事し、2001年クララ・ハスキル国際コンクールで優勝した。2005年には、ボルレッティ・ブイトーニ財団のフェローシップ賞を受賞。2006年には、クレディ・スイスのヤング・アーティスト賞を受賞したほか、BBC放送の「ニュー・ジェネレーション・アーティスト」のソリストを務めた。
これまでに、ブロムシュテット指揮ベルリン・フィル、ゲルギエフ指揮ウィーン・フィル、ウラディーミル・ネルソンス指揮バーミンガム市響などが挙げられる。アメリカでは、ドホナーニ指揮ボストン響と共演した。2014/2015シーズンには、ドホナーニ指揮の下、ニューヨーク・フィルにデビュー。
 欧州各地での室内楽、リサイタル公演のほか、現在、クローンベルク・アカデミーで教鞭を執っている。

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ
後援:ドイツ連邦共和国大使館 / 東京ドイツ文化センター