世界の第一線で活躍する山田和樹、ラトル、ネルソンスが率いた名門オーケストラと待望の共演!

山田和樹指揮 バーミンガム市交響楽団

曲目・演目

ベートーヴェン:劇音楽「エグモント」序曲

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 Op. 30 (ピアノ:河村尚子)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op. 92

公演に寄せて

指揮者と共に成長するバーミンガム市交響楽団

 楽しみな顔合わせを、6月に聴ける。
 バーミンガム市はイギリスの中央部にあり、マンチェスターとならんで首都ロンドンにつぐ規模をもつ大都市。オーケストラは1920年創立の長い歴史を持つが、知名度を飛躍的に高めたのは、1980年にサイモン・ラトルが音楽監督に就任して、快進撃を開始して以来のことである。
 就任当時まだ25歳のラトルは、世界的にはあまり知られていなかったこのオーケストラで経験を積んで、大指揮者になったのである。それと歩を合わせて、バーミンガム市響も一流オーケストラに育った。
 ラトルの後も、サカリ・オラモ、いまをときめくアンドリス・ネルソンスと、華も実もある30歳代の若手を音楽監督に招いて、若く意欲的なエネルギーを吸収しながら、同時にかれらの成長の、大きな糧となってきた。つまり、指揮者と共に成長することを得意とする交響楽団なのである。
 いまはちょうど、ネルソンスがボストン交響楽団に栄転して、音楽監督が空席となっているところだが、今回の来日公演では、山田和樹が指揮台にのぼる。山田もまた30歳代、日本指揮者界の次代を担う若きマエストロとして、内外の一流オーケストラとの共演を重ねている。
 その山田と、若手指揮者との「共成」に定評のあるバーミンガム市響のコンビが、どんな音楽を紡ぎだしてくれるか。前回、2013年にネルソンスと来日したときには、指揮者の放つ強烈なパワーに応えつつ、同時に、いかにもイギリスの団体らしい、渋みと深みの豊かな弦楽パートの魅力が印象的だった。今回のベートーヴェンの交響曲第7番では、その弦はどんなに美しく歌ってくれるだろうか。
 そして、ソリストとして登場する河村尚子。ラフマニノフは近年得意としているレパートリーだけに、叙情性と力強さをかねそなえた音楽を聴かせてくれることだろう。
 日本の若きホープたちがこのオーケストラとの共演で、どのような成長を見せてくれるか、大いに期待したい。


山崎浩太郎(演奏史譚)

チケット詳細

【チケット残席状況】◯残席あり/△残席少/×売り切れ
公演日 S席 A席 B席 C席 D席 - -
6月28日 × × × × - -
学生席 × × × × - -
  • 公演日
    6月28日
  • S席
  • A席
    ×
  • B席
    ×
  • C席
    ×
  • D席
    ×
  • 公演日
    学生席
  • S席
  • A席
    ×
  • B席
    ×
  • C席
    ×
  • D席
    ×
【チケット料金】()内は夢倶楽部会員価格
S席:16,200円(15,100円)/A席:12,900円(11,800円)/B席:10,800円(9,700円)/C席:8,600円(7,700円)/D席:6,400円(5,800円)
学生席
S席:8,100円(8,100円)/A席:6,450円(6,450円)/B席:5,400円(5,400円)/C席:4,300円(4,300円)/D席:3,200円(3,200円)
【備考】
*残券がある場合、4/4(月)10:00より受付を開始いたします。
*社会人学生を除く25歳までの学生が対象です。公演当日、入口にて学生証を拝見いたします。
 (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴する場合がございます。)
 ジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席は一般価格の半額です。
シニア・チケット=65歳以上の方はS席とA席を会員料金でお求めいただけます。
車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)学生席・シニアチケット購入

チケット発売情報

① 1月9日(土) 10:00a.m.~発売  夢倶楽部ネット会員 
② 1月10日(日) 10:00a.m.~発売  夢倶楽部会員 
③ 1月13日(水) 10:00a.m.~発売  ジャパン・アーツぴあネット会員 
④ 1月16日(土) 10:00a.m.~発売  一般    

… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード282-215]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407〔Lコード33677〕
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

全国公演日程

日程 ホール お問い合わせ先 詳細リンク
6月23日(木) 倉敷市民会館(岡山)★ くらしきコンサート 086-422-2140 詳細ページ
6月25日(土) 愛知県芸術劇場コンサートホール(愛知)☆ CBCテレビ事業部 052-241-8118 詳細ページ
6月26日(日) フェスティバルホール(大阪)★ 同左 06-6231-2221 詳細ページ
6月28日(火) サントリーホール ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040  
6月29日(水) 横浜みなとみらいホール(神奈川)◆ 横浜みなとみらいホールチケットセンター 045-682-2020 詳細ページ
6月30日(木) 山形テルサホール(山形)□ 同左 023-646-6677 詳細ページ
7月1日(金) 新潟市民芸術文化会館コンサートホール★ 新潟日報社企画事業部 025-385-7470 詳細ページ
  • 日程
    6月23日(木)
  • ホール
    倉敷市民会館(岡山)★
  • お問い合わせ先
    くらしきコンサート 086-422-2140
  • 詳細リンク
    詳細ページ
  • 日程
    6月25日(土)
  • ホール
    愛知県芸術劇場コンサートホール(愛知)☆
  • お問い合わせ先
    CBCテレビ事業部 052-241-8118
  • 詳細リンク
    詳細ページ
  • 日程
    6月26日(日)
  • ホール
    フェスティバルホール(大阪)★
  • お問い合わせ先
    同左 06-6231-2221
  • 詳細リンク
    詳細ページ
  • 日程
    6月28日(火)
  • ホール
    サントリーホール
  • お問い合わせ先
    ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    6月29日(水)
  • ホール
    横浜みなとみらいホール(神奈川)◆
  • お問い合わせ先
    横浜みなとみらいホールチケットセンター 045-682-2020
  • 詳細リンク
    詳細ページ
  • 日程
    6月30日(木)
  • ホール
    山形テルサホール(山形)□
  • お問い合わせ先
    同左 023-646-6677
  • 詳細リンク
    詳細ページ
  • 日程
    7月1日(金)
  • ホール
    新潟市民芸術文化会館コンサートホール★
  • お問い合わせ先
    新潟日報社企画事業部 025-385-7470
  • 詳細リンク
    詳細ページ
★河村 尚子(ピアノ) 
☆ピーター・ウィスペルウェイ(チェロ)
◆山根一仁(ヴァイオリン)
□ソリストなし

プロフィール

山田 和樹 Kazuki Yamada(指揮, Conductor)
神奈川県出身。東京藝術大学指揮科で小林研一郎・松尾葉子の両氏に師事。第51回ブザンソン国際指揮者コンクール(2009年)で優勝後、ただちにモント ルー=ヴェヴェイ音楽祭にてBBC交響楽団を指揮してヨーロッパデビュー。同年、ミシェル・プラッソンの代役でパリ管弦楽団を指揮、すぐに再演が決定する。2010年には、小澤征爾氏の指名代役としてスイス国際音楽アカデミーで、2012年8月には、サイトウ・キネン・フェスティヴァル松本で指揮し、絶賛された。同8月にサントリー芸術財団サマーフェスティヴァルでクセナキス作曲「オレステイア三部作」も指揮。日本国内主要オーケストラに客演、ヨーロッパ各地の主要オーケストラにも破竹の勢いで次々とデビューを果たしている。
 2011年、出光音楽賞受賞。2012年、渡邊曉雄音楽基金音楽賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞、文化庁芸術祭賞音楽部門新人賞受賞。
 現在、スイス・ロマンド管首席客演指揮者、モンテカルロ・フィルハーモニー管首席客演指揮者、日本フィル正指揮者、横浜シンフォニエッタ音楽監督、仙台フィルミュージック・パートナー、オーケストラ・アンサンブル金沢ミュージック・パートナー。
2014年4月、東京混声合唱団音楽監督に就任。2016年9月よりモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督兼音楽監督に就任。
河村 尚子 Hisako Kawamura(ピアノ, Piano)
ミュンヘン国際コンクール第2位、クララ・ハスキル国際コンクールで優勝。これまでヤノフスキ/ベルリン放送響、テミルカーノフ/読売日本交響楽団等と共演。2013年には、チェロのC.ハーゲンとのデュオ、チェコ・フィルとのプラハ公演および日本ツアーで大成功をおさめた。2014年にデビュー10周年。2015-2016シーズンも、室内楽でウィグモアホール、カーネギーホールへのデビューが予定されている。
新日鉄音楽賞、出光音楽賞、日本ショパン協会賞、井植文化賞受賞、文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞、ホテル・オークラ音楽賞を受賞。最新譜CDは「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、チェロ・ソナタ」(RCA Red Seal)。
オフィシャルホームページ http://www.hisakokawamura.com
バーミンガム市交響楽団 City of Birmingham Symphony Orchestra
1920年に創設されたバーミンガム市交響楽団(CBSO)は、世界的な名声を博している一方で、地元に深く根付いたオーケストラでもある。バーミンガム市のシンフォニー・ホールを本拠地とし、毎年130ほどのコンサートを、バーミンガム、イギリス全土、そして世界各地で行っている。サー・エドワード・エルガーが1920年11月に最初のコンサートを指揮した。エイドリアン・ボールト、アンジェイ・パヌフニク、ルイ・フレモーらの指揮・監督のもとでその評価を徐々に高め、サー・サイモン・ラトルの18年にわたる指導のもとで真に世界有数のオーケストラとなった。その後、サカリ・オラモ、08年9月からはカリスマ的な若いラトヴィア人指揮者、アンドリス・ネルソンスが音楽監督に就任した。近年、CBSOはヨーロッパ有数の格式あるコンサートホールや音楽祭で 数多く演奏を行っている。2012年にはパリのシャンゼリゼ劇場、ウィーンの楽友協会でも公演を行ったほか、ルツェルン音楽祭にレジデント・オーケストラ として参加した。CBSOはまた複数の主要なレーベルと契約してディスコグラフィを拡大し続けており、ラトル、オラモとの録音には多くの受賞作品が含まれている。2009年6月にはネルソンスとの最初のCDがドイツのレーベル、オルフェオからリリースされた。

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ
特別協賛:SMBC信託銀行 PRESTIA
後援:ブリティッシュ・カウンシル