マリス・ヤンソンス

指揮
Mariss Jansons, Conductor
※招聘オーケストラとの来日
マリス・ヤンソンス
©Ackermann mah

バイオグラフィー

 マリス・ヤンソンスは、今日の指揮者界において傑出した存在として活躍している。
オーケストラの指揮では、精力的なツアー活動のみならず、世界中のテレビやラジオへの出演、さらには数多くのレコーディングを行い、各方面から高い評価を獲得している。

 マリス・ヤンソンスは1943年、ラトヴィアの首都リガに、指揮者アルヴィド・ヤンソンスの息子として生まれた。
レニングラード音楽院を優秀な成績で卒業した後、ウィーンでハンス・スワロフスキーに、さらにザルツブルクでヘルベルト・フォン・カラヤンに師事した。
1971年には、ベルリンにおけるカラヤン財団主催の指揮者コンクールで入賞を果たした。ヤンソンスは、ロシアの伝説的な指揮者、エフゲニー・ムラヴィンスキーからも多大な影響を受けている。
これは、ムラヴィンスキーがヤンソンスを彼の助手としてレニングラード・フィル(現在のサンクトペテルブルク・フィル)に招いたことに起因する。

ヤンソンスは、1999年までレニングラード・フィルの常任指揮者を務め、世界各地へのツアーを行うなど、同オーケストラと密接な関係を築いてきた。
1979年から2000年までは、オスロ・フィルの首席指揮者を務め、同オーケストラを世界トップレベルのオーケストラへと育て上げた。この他にも、ヤンソンスは、ロンドン・フィルの首席客演指揮者(1992-1997年)と、ピッツバーグ響の音楽監督(1997-2004年)を歴任している。2003年からは、バイエルン放送交響楽団およびバイエルン放送合唱団の首席指揮者を務め、これと並行して2004年秋からは、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者も務めている。
 
 マリス・ヤンソンスは、バイエルン放送響を率いて、世界の主要な音楽拠点都市や音楽祭で定期的に公演を行っている。2005年秋には、同コンビでは初となる日本と中国へのツアーを行ったが、この時の演奏は、日本の雑誌による年間コンサート・ランキング(コンサート・ベスト・テン)の第1位に輝いた。2006年と2009年には、ニューヨークのカーネギー・ホールで何度か公演を行い、大成功を収めている。2007年には、バイエルン放送合唱団も共演者に加えて、ヴァチカンにおいてローマ教皇ベネディクト16世への御前演奏を行った。さらに、ヤンソンス率いるバイエルン放送響は、レジデンス・オーケストラとして、毎年、ルツェルン・イースター音楽祭に招かれている。

 マリス・ヤンソンスは、これまでにバイエルン放送響やバイエルン放送合唱団をはじめとする共演者と数多くのレコーディングを行っており、それらのCDやDVDには、ヤンソンスの幅広いレパートリーが網羅されている。その一例としては、2005年にEMIクラシックスで行ったショスタコーヴィチの交響曲の全曲録音がある。いくつかの世界トップレベルのオーケストラが参加したこのシリーズ録音は、バイエルン放送響との共演によって締めくくられている。また、このうち交響曲第13番は、2005年2月にグラミー賞(最優秀オーケストラ部門賞)を受賞した。これに加え、2006年夏にリリースされた全曲セットは、いくつもの国際的な賞を受賞した。エコー・クラシック賞としては、2007年にヤンソンスが「コンダクター・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、2008年にバイエルン放送響との共演による、ベラ・バルトークの「管弦楽のための協奏曲」と「中国の不思議な役人」を収録したCDが「年間最優秀レコーディング(交響楽部門)」に選ばれた。さらに、2010年にも、同じくバイエルン放送響との共演によるアントン・ブルックナーの交響曲第7番のCDが、エコー・クラシック賞の「年間最優秀レコーディング(オーケストラ部門)」に選ばれた。

 マリス・ヤンソンスは、若手音楽家たちとの共演にも強い関心を持ち、グスタフ・マーラー・ユース・オーケストラを率いてヨーロッパ・ツアーを行ったり、アッターゼー・インスティチュート・オーケストラとの共演でザルツブルク音楽祭に出演したりしている。ミュンヘンでは、バイエルン放送響アカデミーを含むバイエルン地方の様々なユース・オーケストラと定期的に共演している。

 マリス・ヤンソンスは、これまでに数多くの国際的な賞、称号、および勲章を授与されている。彼は、ウィーン楽友協会、および英国王立音楽院の名誉会員である。1994年には、オスロ・フィルへの貢献に対して、ノルウェー王国から「ノルウェー王国功労勲章」を授与された。2003年には、ベルリン・フィルから「ハンス・フォン・ビューロー・メダル」を授与され、2004年には、ロンドンのロイヤル・フィルハーモニック協会から「コンダクター・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。2006年には、カンヌ国際音楽見本市(MIDEM)で「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、さらにラトヴィア共和国からは、最高栄誉賞である「三ツ星メダル」が授与された。2008年には、オーストリア共和国から「科学芸術名誉十字勲章」が、2010年には、バイエルン州の功労勲章である「マクシミリアン勲章」が授与された。

 2012年1月元日には、伝統あるウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサートで、自身2度目となるタクトを執った。

ニュース

リンク

マリス・ヤンソンス
©Ackermann mah

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする