仲道 郁代

ピアノ
Ikuyo Nakamichi, Piano
仲道 郁代
©Kiyotaka Saito

バイオグラフィー

4歳からピアノを始める。
桐朋学園大学1年在学中に第51回日本音楽コンクール第1位、増沢賞を受賞。
ジュネーヴ国際コンクール最高位、メンデルスゾーン・コンクール第1位メンデルスゾーン賞、エリザベート王妃国際コンクール5位と受賞を重ね、以後ヨーロッパと日本で本格的な演奏活動を開始。
88年に村松賞、93年にモービル音楽奨励賞を受賞。

これまでに国内の主要オーケストラと共演する他、マゼール指揮ピッツバーグ交響楽団、バイエルン放送交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ズッカーマン指揮イギリス室内管弦楽団(ECO)、ブルゴス指揮ベルリン放送交響楽団、P.ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団など海外オーケストラとも多数共演。99年にはカーネギーホールでリサイタル・デビュー、2001年にはサンクトペテルブルグ、ベルリン・フィルハーモニーホールでコンチェルト・デビュー。05年には、英国チャールズ皇太子夫妻ご臨席のもとウィンザー城で行われたイギリス室内管弦楽団(ECO)主催の「結婚祝祭コンサート」に出演し絶賛された。
 また全国フォーラム「音楽がヒラク未来」芸術監督など、音楽と社会を結ぶ活動も行っている。CDはソニー・ミュージックジャパンと専属契約を結び、「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」(レコード・アカデミー賞)他、モーツァルトソナタ全曲、古楽器での録音など、高い評価を得ている。著作に『ピアニストはおもしろい』(春秋社)等がある。メディアへの出演も多く、音楽の素晴らしさを広く深く伝える姿勢は多くの共感を集めている。
 デビュー30周年を迎えた2016/2017シーズンは、サントリーホールをはじめとする全国での記念公演のほか、小林研一郎指揮ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団との全国ツアーを展開。記念特別TV番組もBSフジにて放映された。併せてCD『ショパン:ワルツ』、『永遠のショパン』、『シューマン:ファンタジー』DVD『ショパン・ライヴ・アット・サントリーホール』をリリース。

 2017/2018シーズンは、デビュー40周年とベートーヴェン没後200周年が重なる2027年に向けRoad to 2027と題し、春:ベートーヴェンのソナタ、関連を示すポスト/プレ作曲家の作品シリーズ、秋:親密(intimate)な空間で研ぎ澄まされたピアノの響きを追求するシリーズと、10年間の2つのリサイタルシリーズをスタートする。


一般財団法人地域創造理事、桐朋学園大学教授、大阪音楽大学特任教授。

ニュース

リンク