安藤 赴美子(ソプラノ)

声楽
Fumiko Ando, soprano, Vocal
安藤 赴美子(ソプラノ)
©Shingo Azumaya

バイオグラフィー

札幌市出身。

国立音楽大学声楽学科卒業、同大学院声楽専攻(オペラ)修了。

新国立劇場オペラ研修所第3期生修了。

文化庁派遣芸術家在外派遣員としてイタリア留学後、ロームミュージックファンデーション在外研究生として再度渡伊し研修を積む。

パオラ・モリナーリ、セルジョ・ベルトッキ、田中久子等に師事。

2006年2月の東京二期会公演「ラ・ボエーム」ムゼッタで高い音楽性と麗しい舞台姿で絶賛を博して今後への期待を大いに高めると、2007年のサイトウ・キネン・フェスティバル松本では小澤征爾指揮の「スペードの女王」クロエを好演。そして2009年2月、宮本亜門演出・新制作の東京二期会「椿姫」でヴィオレッタに抜擢されると、多彩で細やかな表現と品格ある演唱を披露、ここにおいてプリマドンナとしての将来性を十分に印象付けた。

その後も、同年6月~7月の佐渡裕プロデュースオペラ「カルメン」ミカエラ(ジャン=ルイ・マルティノーティ演出)、10月の新国立劇場「魔笛」侍女Ⅰ、2011年5月セジョン文化会館大劇場での日韓伊合同制作「蝶々夫人」蝶々さん(リゴン指揮、マッティア演出)、11月新国立劇場「ルサルカ」第一の森の精、2012年びわ湖ホール・神奈川県民ホール共同制作オペラ「タンホイザー」エリーザベト、2013年3月同プロダクション(イタリア、ボローニャ歌劇場提携公演)「椿姫」ヴィオレッタ、4月新国立劇場「魔笛」侍女Ⅰ、6月新国立劇場「ナブッコ」アンナ、9月あいちトリエンナーレプロデュースオペラ「蝶々夫人」タイトルロール、2014年2月の東京二期会「ドン・カルロ」エリザベッタと精力的に出演を続け、いずれも大成功を収めてきた。

コンサートにおいても、横浜みなとみらいホールのジルヴェスターコンサート、神奈川県民ホールファンタスティックガラコンサート、仙台クラシックフェスティバル等多数出演の他、2009年クルト・マズア指揮、2011年スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮NHK交響楽団「第九」のソリスト、2013年10月にはヴェルディ生誕200年を記念した東京・春・音楽祭の特別公演でリッカルド・ムーティと共演するなど、若手ながら既に有数のキャリアを築き、次世代を担うソプラノとして大きな期待が寄せられている。 

2017年2月には、新国立劇場のオペラ「蝶々夫人」でタイトルロールを務め、その卓越した演唱は批評家から絶賛を博した。

ニュース

リンク

安藤 赴美子(ソプラノ)
©Shingo Azumaya

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする

ディスコグラフィー