エフゲニー・キーシン

ピアノ
Evgeny Kissin, Piano
エフゲニー・キーシン

バイオグラフィー

キーシンは、その音楽性、深く詩的な解釈、類い稀な演奏技術により、当代の、そしておそらく歴代のピアニストの中でも、とりわけ才能に恵まれた者のみに相応しい尊敬と称賛を得てきた。彼は世界中で人気を博しており、これまでに、アバド、アシュケナージ、バレンボイム、ドホナーニ、ジュリーニ、レヴァイン、マゼール、ムーティ、小澤征爾といった世界的指揮者やオーケストラと共演している。

1971年10月モスクワ生まれ。2歳の頃、耳で聴いた音楽の演奏や即興的な演奏を始めた。6歳でモスクワのグネーシン音楽学校に入り、現在に至るまで彼の唯一の教師であるアンナ・パヴロヴナ・カントールに師事。10歳で協奏曲デビューを果たし、その1年後には初のソロ・リサイタルをモスクワで行った。1984年3月、12歳のときに、キタエンコ指揮/モスクワ・フィルと共に、モスクワ音楽院大ホールでショパンの2曲のピアノ協奏曲を演奏し、世界的に注目されるようになった。

彼が国外に初めて登場したのは1985年の東ヨーロッパであり、翌年には初の日本ツアーを行った。1988年12月には、カラヤン指揮/ベルリン・フィルのジルベスター・コンサートで演奏し、1990年ロンドンのBBCプロムスに初出演。同年、北アメリカでもデビューし、メータ指揮/ニューヨーク・フィルとの共演や、カーネギー・ホールの百周年シーズンの開幕を飾る見事なデビュー・リサイタルを行った。

2018/19年シーズンには、ヴァンクーヴァーとサンフランシスコでのリサイタルの後に大規模なアジア・ツアーを行い、台北、香港、ソウルおよび日本でリサイタルを行う他、バイエルン放送響(今回)や香港フィルとの共演を行う。ヨーロッパでは、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、チェコ・フィル、ベルリン・フィルなどと共演。また、ヨーロッパと北米の主要都市へのリサイタル・ツアーの他、アメリカ各地でイツァーク・パールマンとのデュオ・リサイタルも行う。 

また彼は、世界中から音楽賞や記念賞を与えられている。1986年の最高の演奏として(これが日本での最初の演奏だった)大阪、ザ・シンフォニーホールのクリスタル賞、1991年にはシエナのキジアーナ音楽アカデミーから年間最優秀音楽賞を受賞。1995年には「ミュージカル・アメリカ」の器楽賞を最年少で受賞した。1997年、ロシア文化への傑出した貢献に対して、名誉ある凱旋賞(Triumph Award)が与えられた。これは、ロシアで与えられる最高の文化的栄誉のひとつであり、ここでも彼は史上最年少の受賞者となった。その他にも、マンハッタン音楽大学から名誉音楽博士号、ロシアの音楽界における最高の栄誉の一つであるショスタコーヴィチ賞、英国王立音楽院の名誉会員資格、そして直近では、香港大学から名誉博士号(人文科学系)を授与されている。

最新の録音は、ドイツ・グラモフォンからリリースされたベートーヴェンのソナタ・アルバムである。録音に対しても無数の賞を与えられており、2006年にはグラミー賞(最優秀器楽ソリスト賞)、2002年にはエコー・クラシック賞(年間最優秀ソリスト賞)を受賞。一番最近のグラミー賞の受賞は、2010年の最優秀器楽ソリスト演奏賞(オーケストラとの共演)である。

ニュース

リンク

ディスコグラフィー